メニュー


みるいとは?
今後の予定
戯曲を読む会参加者募集
戯曲を書く会参加者募集
自作絵本1
自作絵本2
日記

プロフィール

かず

Author:かず
1月23日静岡生まれ・横浜育ちのメス。
役者としても古物商としても半人前。舞台出演多数。
最近はもっぱらネットでの自分の店の運営に夢中♪

戯曲を書くのが好きで、色々なジャンルの戯曲を声に出して読もう、という「戯曲を読む会」を定期的に行っています。

詳しい芸歴はこちら
メールはこちら

最近の記事

最近のコメント

ブログのカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
みるいというのは私の生まれた地、静岡県の言葉で「青い、未熟だ」という意味です。いつでもみるい、そんなアタシのページです。コメント気軽に書き込んでね♪
温泉デビュー。
DSC05910.jpg
道中で食べた穴子天丼。この大きさ!めっちゃウマ!!

明けから休みが全然なかった相方が、3月に入りようやく連休もらえたので、家族3人で初めての温泉旅行に行ってきました。
この時期なら、かつてから見たいと思っていた河津桜にちょうど良い時期だと思って、その辺りに宿をとろうと見つけたお宿が、大正解。
ママもたまにはゆっくりプラン、というプランもあるくらい赤ちゃん好待遇。

DSC05990.jpg
窓の向こうは庭園と海!

お部屋に赤ちゃん用のお昼寝布団やら食事の椅子やエプロン、オムツ用のゴミ箱が用意され、大浴場も貸し切りできて、そこにはベビーベッドやバスチェア、赤ちゃん用のシャンプーも全部完備されていました。

DSC05994.jpg

れり尽くせりで、食事がまたベラボーに(死語)美味しくて、また行きたいお宿です。
大浴場、露天風呂もサイコーであたし3回も入って、3回とも貸し切りでした。混んでる日だったはずなのに・・・。ラッキー。
宿はこちら。お宿しらなみ
肝心の河津桜はこれ、この通り。

DSC05917.jpg
満開だと川沿いに桜がワーってなる。

3分咲きということでしたが、所々結構咲いている木もありました。
あいにくの小雨降ったりやんだり、という天気でしたので初めて車での旅行となりました。
おかげで河津桜もすいてて、自分たちのペースでスイスイ歩けて良かったです。

DSC05923.jpg
河津桜の原木。

DSC05962.jpg
桜をつかもうとする哲平氏。終始抱っこひもなのにのけぞっていて、帽子を何度も落っことしました。

DSC05955.jpg

の日は、宿からも近い「伊豆アニマルキングダム」という、まさにキングダムという言葉がふさわしい動物園+ちょこっと遊園地に行ってきました。
この日は3月なのに寒くて、しかもキングダムは山の上にあるからなお寒くて、真冬並みでした。ベビーカーにかける防風用のビニールを持ってきていて良かった!
DSC06082.jpg
あまりの寒さに動物達もギューギュー。

DSC06091.jpg
テンジクネズミも寒くてギューっと一列。

DSC06070.jpg
チーターに狙われる哲平氏。

DSC06073.jpg
一番メインはホワイトタイガー。
硝子越しですが、サービス精神旺盛でめっちゃ硝子の近くまで来てくれました。
どれくらい近いかというと、

DSC06076.jpg
わ、カメラから切れちゃったよ。近づきすぎです。ブルブル

DSC06083.jpg
ハートフル!

DSC06101.jpg
キリンだってこの近さ!わたしチュー出来るくらい近かったよ。
こんな間近にキリンの顔を見たのは初めてです。マツゲがフッサフサよ。
動物園ではなく、キングダムというくらいなので、とにかく動物と近い。そして檻がない!!
放し飼いの動物も結構いて、キングダム、いやフリーダム?!
そんな斬新で楽しいアニマルキングダムですが、ほんとは1日中遊ぶ予定でいましたが、予想外の寒さのため、早々に午前中で切り上げてしまいました。。。

DSC06106.jpg
このように猛獣に見られながらのランチというのがここのウリなのですが、哲平も爆睡だし、ま、ここでランチしなくても良いよね、ということで午前中で早々に退散・・・。
哲平がちゃんと動物わかるようになったら、ここで猛獣に見られながら食事するのも良いかも。

DSC06113.jpg
遊園地の方にあった動物達。

DSC06115.jpg
なるほどね、こっちはリアルな動物の模型がね、オブジェとしてね、なるほどね・・・って「えっ?」(下の写真)

DSC06117.jpg
なぜか1匹だけリアルさを失った動物が・・・

わって向かったのが、体が芯まで冷えたときはやっぱりこれ「日帰り温泉」!!
通りがかった有名な、波打ち際にあるこの温泉に行きました。
黒岩根風呂
海しか見えないという、ものすごい絶景なので、写真を撮りたかったですが、片手に哲平を抱っこして入浴しているので無理でしたーー。
聞いてみたら混浴だというのであきらめようとしたら、今は、男女で敷居がありちゃんとわかれているとのこと、ただ女湯に行くのに男湯を突っ切って行かねばならず、男湯で5、6人くらいの人が景色を楽しみながら入浴しているところをわたしは、見ないように見ないように注意しながら「すんません、すんません」と通過し、女湯へ。
しかも受付のおいちゃんに言われ、最初下見するため男湯を「すんません、すんません」と通過し、「すんません、すんません」とまた戻り、うん大丈夫そうお湯もそれほど熱くないし覗けないようになってるしと思って、今度はお風呂に入りに、また「すんません、すんません」と男湯を通過し、お風呂上がって着替えて、「すんません、すんません」とまた男湯を通って戻りました。
受付のおいちゃんには「コソコソ通らないで、ガッツリ見ちゃって大丈夫だから(入浴中の男性を)」と言われましたが、ガッツリ見るのも、ねぇ、あなた。
なにせ雑誌とかにこの温泉、混浴と書かれているので女性の利用者は0だったので、ここでもわたしは貸し切り状態で哲平と二人でゆっくり絶景を楽しみつつ入浴することができました。
チョー気持ちかったです。

んなわけで温泉づけな、華々しい温泉デビューを飾った哲平さん。車や宿や食事先でも一度も泣いたりせず、小さな食事処等でも思いのほか、ベビーチェアを貸してくれたり、離乳食を温めてくれたり、実に親切にしてもらえて、思った以上に快適な旅行になりました。(運転してた相方は大変だったと思うけど)

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

【2012/03/06 23:55】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<初フライデーズ。 | ホーム | ちょっとだけハイハイ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mirui123.blog43.fc2.com/tb.php/984-811256af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
インフォメーション

★戯曲を読む会、現在休会中です。2年後(2015年秋ごろ)か3年後くらいに再開予定です。のんびりお待ちいただけたら幸いです。

戯曲を読む会のHPはこちら

あなたは何人目のお客様?

+15630人

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック