FC2ブログ

Welcome to my blog

ポニョについて。

かず

かず

100908_1342_001.jpg
大好物のカニクリームコロッケ。

たしと相方は、お腹の赤ちゃんをポニョと呼んでおりますが、なぜポニョと呼ぶのか書くのを忘れておりました。
大した理由はありません、そっくりだったからです。
崖の上のポニョのポニョです。

回目(6週目)の検診の時、エコーで見た赤ちゃんが、映画の最初の方に出ている魚バージョンのポニョにそっくりだったのです。
2頭身の、まさに魚で(赤くはなかったけれど)、栄養袋に顔をくっつけて一生懸命動いていたのです。(ご飯を食べていたらしい)
「ポニョみたいのがいたよ」と相方に言ったら、相方が「ポニョ」と呼び始めたので、そのまま定着してしまいました。
映画のように魚の次は鳥に進化して、それから人間になるのかと思っていたら、うちのポニョは鳥にはならずいきなり人間っぽくなってしまいました。

んなポニョとの生活も約4カ月がたち、妊娠6カ月に入りました。
せっかくの安定期なのに、相方は相変わらず休みが全然なく出張続きで、ほったらかしにされている妊婦です。
そろそろどこか旅行にでも行きたいです。
最終更新日-0001-11-30
Posted by かず

Comments 2

There are no comments yet.
イワサキ  

三木成夫の『胎児の世界』、おすすめです。「胎児の成長は生物の進化をなぞっている」という内容。連関性のある『ドグラマグラ』も出てくるし、途中からやけに宗教チックになるのもおもろい。内容だけでなく、本人が超ノリノリで書いてるのも伝わって来て読み物として楽しめます。

2010/09/15 (Wed) 23:21 | EDIT | REPLY |   
かず  

イワサキくん!
ありがとう~~v-20
へぇ、それは興味深いね!
読んでみたい。
図書館で探してみますっv-222
情報ありがとうっ!!

2010/09/16 (Thu) 14:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply