メニュー


みるいとは?
今後の予定
戯曲を読む会参加者募集
戯曲を書く会参加者募集
自作絵本1
自作絵本2
日記

プロフィール

かず

Author:かず
1月23日静岡生まれ・横浜育ちのメス。
役者としても古物商としても半人前。舞台出演多数。
最近はもっぱらネットでの自分の店の運営に夢中♪

戯曲を書くのが好きで、色々なジャンルの戯曲を声に出して読もう、という「戯曲を読む会」を定期的に行っています。

詳しい芸歴はこちら
メールはこちら

最近の記事

最近のコメント

ブログのカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
みるいというのは私の生まれた地、静岡県の言葉で「青い、未熟だ」という意味です。いつでもみるい、そんなアタシのページです。コメント気軽に書き込んでね♪
「わが町」を見たぞ。
DSC02400.jpg
ウィラード役のポンさんと(1期上の先輩なのです)。

宿はスペースゼロにて文学座公演「わが町」を見に行きました。
文学座の芝居を見るのは5、6年ぶり?!実に久しぶりでした。
「わが町」は研究所の1年目の最初の発表会の演目で、とても懐かしいです。
感想。
「へー、こういう話だったのかぁ。ええ話やなぁ。」(今頃)

いたのは、研究生だった当時は(10年位前だ!キャー)、
ジョージとエミリーという若い二人が主人公、というイメージでしたが、
今回見て思ったのは
「この芝居の肝は両親だ!」ということ。
自分が年をとったせいもあって、両親役にものすごく感情移入していまったり、
発表会で自分たちがやっているときは
「このシーン、いらなくね?」と思ってわけわからないまま演じていたようなところが、
ものすごい感動的な良いシーンだと気付いたりして。
あちこちのシーンでジーンとしてしまいました。

いうちに見てほしい、年取った人は実感持って感動できる、
まさに年齢問わず楽しめる名作だなぁと思いました。

DSC02406.jpg
帰りに新宿の「老辺餃子館」で餃子を食べて帰りました。
「老辺餃子館」はわたしの結婚式の2次会のコントの稽古の帰りに皆で行ったお店。ここの餃子は絶品っす。
写真の焼き餃子は4種類の味があるんだよ。どれが何味か食べてのお楽しみー。

うそう、わたしが出演していた先月やっていた舞台、趣向「皇帝」。
劇評が載りました。
とっても、うれすぃーーい!!
こちらからご覧いただけます。


テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/04/10 21:55】 | お芝居のことぉ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<バーに行ったぞ。 | ホーム | ブルーのコート。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mirui123.blog43.fc2.com/tb.php/718-9c60fa7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
インフォメーション

★戯曲を読む会、現在休会中です。2年後(2015年秋ごろ)か3年後くらいに再開予定です。のんびりお待ちいただけたら幸いです。

戯曲を読む会のHPはこちら

あなたは何人目のお客様?

+15630人

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック