メニュー


みるいとは?
今後の予定
戯曲を読む会参加者募集
戯曲を書く会参加者募集
自作絵本1
自作絵本2
日記

プロフィール

かず

Author:かず
1月23日静岡生まれ・横浜育ちのメス。
役者としても古物商としても半人前。舞台出演多数。
最近はもっぱらネットでの自分の店の運営に夢中♪

戯曲を書くのが好きで、色々なジャンルの戯曲を声に出して読もう、という「戯曲を読む会」を定期的に行っています。

詳しい芸歴はこちら
メールはこちら

最近の記事

最近のコメント

ブログのカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
みるいというのは私の生まれた地、静岡県の言葉で「青い、未熟だ」という意味です。いつでもみるい、そんなアタシのページです。コメント気軽に書き込んでね♪
運動すると腹がへります。
DSC01354.jpg
初めて「自分撮りモード」を使ってみた。いかにも「試し撮り」的な顔だ…。恥ずかしい。多分もうこの機能を使うことはないでしょう。

台があったのでしばらくお休みしていた日本舞踊のお稽古。
今日から再開。
汗をかくのはいいものだ。
終わった後、お腹が「グルッ」となり、「生きてるんだな、わたし」とか思ってしまって小さく感動しました。

舞の先生のお宅に行く時、人一人しか通れない細い抜け道を、近道として使っているのですが、
その道のド真ん中で、おっちゃんがフツーに、極めてフツーに、
まるで地面に生えている小さな花々を愛でるような雰囲気で

立ち小便

をしておられました。
フツー、立ち小便ってハジッコに寄ってするものじゃないの、男子諸君?
そのおっちゃんはド真ん中に仁王立ちで、気持ちよさげに立ち小便。

いわたしに背を向けてはいたのですが、なんせ人一人しか通れない道の、おっちゃんド真ん中。
しかもわたしの靴って足音が全然立たないからおっちゃんまるで気付く気配なし。
人なんて絶対来ない、という完全に油断しきった背中でした。
まさに安心な背中、とでもいいましょうか。

仕方ないので、わたしはおっちゃんの背中に、
「すみません(通してもらえますか?)」と声をかけた。
声をかけているコンマ0.1秒でわたしは焦った。
「しまった!声なんてかけるんじゃなかった!ビックリしてそのままこっちを向いたらどうしよう!!」
イヤー!おっちゃんの大事なものなんて見たくないわいっ!
ギャーーー!!

かし、おっちゃんは
「えっ!あっ!すみません!!」とあわててわたしに背を向けたまま、細い道のそれでもハジッコに寄りました。
わたしは極力おっちゃんのほうは見ないようにしながら、
おっちゃんと背中が触れ合うかもくらいの距離感ですれ違いました。
すれ違う時、二人とも大爆笑でした。
おっちゃん、どこの誰だか知らないけれど、なんだか一瞬わかりあえた気がしたよ。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

【2010/04/05 19:59】 | 習い事のことぉ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<漫画の話。 | ホーム | 桜から桜へ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mirui123.blog43.fc2.com/tb.php/714-dc07bfe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
インフォメーション

★戯曲を読む会、現在休会中です。2年後(2015年秋ごろ)か3年後くらいに再開予定です。のんびりお待ちいただけたら幸いです。

戯曲を読む会のHPはこちら

あなたは何人目のお客様?

+15630人

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック