FC2ブログ

Welcome to my blog

横入り男。

かず

かず

091205_1833~001
初めて食べたスペアリブ!肉だ!

日、東横線に乗ろうとホームに並んでいると、
わたしは先頭だったのですが、わたしの前に
横入りしてきた男がおりました。
その男はおそらく40歳くらいで地味な薄汚れたジャンパーにニット帽をかぶりさえない印象でした。
その男は本を読みながらさりげなく横入りしてきたのです。

はわたしの後ろにズラッと並んでいる人々の冷たい視線なんてナンノソノ、
本から視線を外さないまま、一番に電車に乗り込みやがりました。
中は帰宅するサラリーマンたちで混雑していて
わたしはやむなく、その横入り男の隣に立っていました。
嫌でも男が一生懸命読んでいる本が目に入ります。
その本には
「あなたは単純作業にたえられますか?」とか
どうやら仕事など各ジャンルに分かれて、あなたの人間性を変えていこうという内容の本。
「そうか~、こういう本を読んでいる人種のひとなら横入りも仕方ないか…」と一瞬思ったのですが、
「おいおい、そんな本読む前に順番に並べよ!まずは人間そこからだよ!」と
わたしは声を大にして言いたかったのですが、
グッと抑えました。
ふと裏表紙が視界に入り、そこにはブックオフの100円のシールが!
「おいおい!あんたは100円で人生が変わると本気で思っているのかい?」(外人風に)
わたしは声を大にして尋ねたかったのですが、グッと抑えました。

番気になったのが、横入り男はその本の「まえがき」的なページを読んでいたのですが、
その「まえがき」の最後の文章。
「それでは”Let's Reading!”」
「Let's Reading!」っておい!なにゆえそこだけ英語?その前の文章、英語なんてひとつも出てきてないじゃん?!
この1文でこれまでの文章の説得力を大きくマイナスにしているよ?!
あなたのスタートラインはこんな本には書かれてないよ?もっと周りを見て!、と
怪しげな本を真剣に読んでいる横入り男に同情しつつ、人というものは往々にしてこういうことってあるよなぁと人ごとならず思いました。
肝心なことに目がいかない。
偏ったところばかりに熱中して他のことに気付かない。
何事も視野は広くしておかねばなるまいなぁと、人の振り見て我が振り直せ、と、この横入り男から教えられたのでした。
最終更新日-0001-11-30
Posted by かず

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply