FC2ブログ

Welcome to my blog

カブトムシ脱走事件。

かず

かず

IMG_2268s.jpg
腹巻を頭にかぶって福笑いしているふみたん。

予兆は確かにあった。
去年もらって飼っていたカブトムシのカブトンより、今年捕まえて飼っているカブキ君の方が、元気がいいなとは思っていた。

100均で買った飼育用のプラスチックカゴにはいつのまにか亀裂が入り、上の格子状になっている蓋の格子も数本折られていた。
これはまずいと思い、今度は300円の一回り大きい丈夫そうなカゴに買い替えた。

その日の、夜、おそらく夜、事件は起こったのだった。

朝起きてしばらくは気付かなかった。
普段通り、カゴの中にカブキ君はいるもんだと思っていた。

8時過ぎごろ、玄関からてっぺーの声が聞こえた。
「カブキ君の蓋が開いてる!・・・カブキ君がいない!」

そんなまさか、土の下にいるんだろ、と出勤前の父ちゃんがカゴの蓋を開けて、土を混ぜ混ぜして探してみた。

「・・・いない!!」

うわぁ、なんてこった。
カブキ君が脱走した!

あたしは大の虫嫌い。
もちろんカブトムシだって触れない。
行方不明のカブトムシが家の中のどこかにいると思ったら、もう気が気じゃない。

なんとか、父ちゃんが出勤するまでの数分で見つけなくてわっ!!
家族総出で、家中を捜索。

玄関の靴の中に入っているのではと、探していた父ちゃんが数分後に叫んだ。
「い、いた!こんなところに!!」

なんとカブキ君は、玄関に掛けてあったふみの幼稚園バッグの中にいた!
奥底は暗いのでなかなか快適だったようで、ぐっすり眠っていて全く動かず(さすが夜行性)、そのままおとなしくカゴに戻されました。

それからカブキ君のカゴの蓋の上には、重石としてカットトマトの缶詰が乗せられています。


最終更新日2017-08-09
Posted by かず

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply