メニュー


みるいとは?
今後の予定
戯曲を読む会参加者募集
戯曲を書く会参加者募集
自作絵本1
自作絵本2
日記

プロフィール

かず

Author:かず
1月23日静岡生まれ・横浜育ちのメス。
役者としても古物商としても半人前。舞台出演多数。
最近はもっぱらネットでの自分の店の運営に夢中♪

戯曲を書くのが好きで、色々なジャンルの戯曲を声に出して読もう、という「戯曲を読む会」を定期的に行っています。

詳しい芸歴はこちら
メールはこちら

最近の記事

最近のコメント

ブログのカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
みるいというのは私の生まれた地、静岡県の言葉で「青い、未熟だ」という意味です。いつでもみるい、そんなアタシのページです。コメント気軽に書き込んでね♪
7年間。
IMG_9985.jpg
ふみ&なぎ(さほちゃんの弟だよ)交錯、いや、工作中

戯曲を読む会の後続でやってくださっている会からのメールで知ったのですが、趣向のオノマリコちゃんの作品が岸田戯曲賞の最終候補に選ばれているそうな。
えらいこっちゃ!

オノマリコちゃんといえば、私が出産前に最後に出演した趣向「皇帝」の作演出だ。
戯曲を読む会にもよく来てくれていたし、書く会でも一緒だった。
そんな彼女の活躍を聞いて、嬉しい。

ん?なんだ、ここまで書いて、でもちょっと、なんか悔しい気持ちの自分もいるぞ。
この7年間振り返ってみると育児にあけくれ、身体なんてカチコチで、髪はボーボーで創作意欲なんて0だし。

んー。
でも、まぁいいかあたしなりに、かっこいいと思える主婦を目指してみますかね。

名前や作品を残すこととは無縁でも、てっぺーの幼稚園の卒園イベントのママの出し物の練習は楽しいし、今日なんて久しぶりの友達と話していたらに「かっこいいね」って褒められたし。どこがって思うけど、褒められるのは嬉しい。

そんな風に自分を肯定できるようになったのは、子どものおかげ?
いえいえ、違います。(断言)
これのおかげ。

konoseka.jpg
そう、漫画です。(画像お借りしますスミマセン)
「この世界の片隅に」上中下があります。

みなさん、読みました、これ?映画でやってるやつです。
映画のことは知りませんが、この漫画がものすごくて、何がすごいって、もう、読んでとしか言えない。
万人にすごい威力を発揮するよ。
下巻なんてあたしずっとヒックヒックと酔っ払いではなく、号泣しながら読んでたよ。
周りの人に声を大にしてすすめたい、素晴らしい本でありました。
これ読むと心の闇、誰しもちっぽけに思えてくるよ。

この本を読んで、改心したあたしは、こんなにもスマホ中毒なのに、まさかの「子どもの前では、スマホ使いません宣言」(ラジコつける以外では)。
そう、改心したのです、多分。

IMG_0157.jpg
6年間っていろいろね。
あたしはもうすぐ3歳よ。
にいには6歳になったわ。

長いようで短い7年間。
疾走してるのはみんな一緒。
【2017/02/04 04:12】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(5)
<<卒園、入学、そして入園。 | ホーム | 元旦から寝込む。>>
コメント
かず〜!
お久しぶり!お誕生日お祝いメール逃してしまいました。当日メールしようと予定にマークしてたんだけど。元気そうで、子育て活躍で何よりです!
今年も多くの幸せに包まれた一年でありますように。
フレーフレー、スーパーママ!

M
【2017/02/06 00:01】 URL | M #-[ 編集]
M~~!
久しぶりー!!
多忙な中、嬉しいコメントありがとう☆
スーパーママ目指して頑張るわぁv-10
幸せに包まれた一年、いい言葉!
そうなると良いなぁv-10
また会える日を楽しみにしてるよv-20
誕生日覚えててくれてありがとう!!
【2017/02/10 01:35】 URL | かず #-[ 編集]
お久し振りです~e-257そうなんですね、リコさんの戯曲私も読みましたよe-319受賞して欲しいですね。
『この世界の片隅に』私は映画の方を観ました。「漫画のことは知りませんが、この映画がものすごくて、何がすごいって、もう、観てとしか言えない。」とかずさんのブログをコピーしたくなる位すごい!子育てお忙しいと思いますが、原作を読んだなら是非観に行って欲しい作品です(色々賞を取ってるので、上映館も増えてますから)e-349
【2017/02/19 17:32】 URL | で #-[ 編集]
でさん、ご無沙汰してます!
そうなんです、あたしもそう思って、行ってきましたよ映画館に!
しかも偶然舞台挨拶つきでした、監督のv-10

うーーん、原作漫画のファンとしては「男の監督の編集の仕方だなぁ」と言うのが率直な感想です。
漫画に出てくるりんさんや、てるさんのくだりがまるでカットされてしまっていることが悲しかったです。
時間を考えると仕方ないことなのでしょうが・・・。

あと、後半であの子がああなっちゃうシーンも、死んだかなと思わせる方に演出が傾きすぎているように感じました。
漫画だと、すぐには明らかにされず、「え、どうなったの?」と思いながら読み進めて行って、ズガーンと読者がショックを受けるという感じですので。
(見てない、読んでない方にはなんのこっちゃという感じですよね)

あとすずさんの右手に関しても、漫画の方が、「え!右手ないんだ!」というショックが大きかったです。

あー、語りつくせない。
続きは今度、天狗で(笑)
【2017/02/23 02:00】 URL | かず #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/03/25 08:25】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mirui123.blog43.fc2.com/tb.php/1216-4b98d476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
インフォメーション

★戯曲を読む会、現在休会中です。2年後(2015年秋ごろ)か3年後くらいに再開予定です。のんびりお待ちいただけたら幸いです。

戯曲を読む会のHPはこちら

あなたは何人目のお客様?

+15630人

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック