メニュー


みるいとは?
今後の予定
戯曲を読む会参加者募集
戯曲を書く会参加者募集
自作絵本1
自作絵本2
日記

プロフィール

かず

Author:かず
1月23日静岡生まれ・横浜育ちのメス。
役者としても古物商としても半人前。舞台出演多数。
最近はもっぱらネットでの自分の店の運営に夢中♪

戯曲を書くのが好きで、色々なジャンルの戯曲を声に出して読もう、という「戯曲を読む会」を定期的に行っています。

詳しい芸歴はこちら
メールはこちら

最近の記事

最近のコメント

ブログのカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
みるいというのは私の生まれた地、静岡県の言葉で「青い、未熟だ」という意味です。いつでもみるい、そんなアタシのページです。コメント気軽に書き込んでね♪
ひとつの時代が終わる。
IMG_7995.jpg

これが今の実家です。
そうです、壊しています。
実家が建替えることになり、解体中なのです。

あたしの中のひとつの時代が終わったな、そう感じました。

IMG_7694.jpg

解体の数日前、子供たちと一緒に実家の壁にたくさん落書きをしたり、障子を破ったりしました。

IMG_7540.jpg

実家のあたしの部屋に残っていたあらゆるモノを捨てました。
模試、交換日記、ランドセル、卒業アルバムまで捨てました。
今住んでいる家が大きな家だったら、色々持ち込んでいたかもしれません、が、とても小さな家に住んでいるので持ち込みようがなく、できるだけ中身は見ないようにして、バッサバッサとダンシャリしました。

残したのは、青春時代の写真数枚(選ぶのもの大変だった)と、学生時代に大好きだったブラーのCD数枚と、大事な人からもらった手紙のみ。

さよなら、あたしの青春。
なんどそう心の中で唱えながら、ゴミ袋に放り込んだことでしょう。
(本来なら実家を出た時点でやっとかなきゃいけない作業だよね。色々実家に残しっぱなしにしていた自分が悪い)

そんな片付けに追われた2016サマー。

数日たって、持ってきたモノたちの存在も早くも忘れかけていて、これらも断捨離候補かしらなんて、思っていたけれど、
今日、掃除機をかけながら、ふと実家から持ってきた大事な人にもらった手紙なんぞを、何十年ぶりに封印を解いて読んでいたら、ずるずるといろんな出来事とか、甘酸っぱい若い日々が思い出されたりして、掃除機かけながら泣いてしまった。

色々モノは捨てても、あたしのメモリーにはちゃんと思い出いっぱい入ってるわ。
当時は幼くて自分のことでいつもいっぱいいっぱいで、手紙をくれた相手の気持ちとか全然考えたことなかったけど(今もだけど)、あたし愛されてたんだなぁ。

父と母が建てた汗と涙の結晶の家、壊しだすとあっという間。
今わたしが住んでいる2年前に買ったこの家も、いつかこんな風に簡単に壊れる日が来るのかな。
4か月後、実家は新しい家が建つよ。
それはそれで、楽しみ。

【2016/09/05 23:22】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<下から見ると。 | ホーム | せめぎあい。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mirui123.blog43.fc2.com/tb.php/1207-b2c0194b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
インフォメーション

★戯曲を読む会、現在休会中です。2年後(2015年秋ごろ)か3年後くらいに再開予定です。のんびりお待ちいただけたら幸いです。

戯曲を読む会のHPはこちら

あなたは何人目のお客様?

+15630人

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック