メニュー


みるいとは?
今後の予定
戯曲を読む会参加者募集
戯曲を書く会参加者募集
自作絵本1
自作絵本2
日記

プロフィール

かず

Author:かず
1月23日静岡生まれ・横浜育ちのメス。
役者としても古物商としても半人前。舞台出演多数。
最近はもっぱらネットでの自分の店の運営に夢中♪

戯曲を書くのが好きで、色々なジャンルの戯曲を声に出して読もう、という「戯曲を読む会」を定期的に行っています。

詳しい芸歴はこちら
メールはこちら

最近の記事

最近のコメント

ブログのカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
みるいというのは私の生まれた地、静岡県の言葉で「青い、未熟だ」という意味です。いつでもみるい、そんなアタシのページです。コメント気軽に書き込んでね♪
おおかみこども。
DSC01354sb.jpg
羽田空港に飛行機を見に行ったよ
最寄駅から直通のバスが出てるんだ、楽ちん。
間近で飛行機を見てから、電車だけでなく飛行機も好きになったてっぺーさん。

DSC01375ss.jpg
空港にユルキャラがいたので、写真を撮りました。
てっぺー「怖いよー僕に近寄らないでー」

DSC01370ss.jpg
てっぺー「殺されるー助けてー」

方が朝5時に仕事から帰ってきてヘトヘトなのに、その日てっぺーは自分が見てるから、1人で映画を見に行って良いと言う。
そんなことまでしてわたしに見てほしかった映画が「おおかみこどもの雨と雪」です。

田守監督、という情報以外は何も知らず、出産後映画館に行ったことは一度もなかったので、それだけで嬉しくて舞い上がりながら、横浜の映画館でこの映画を見てきました。
すると、
はい、もうやられました。
だって、この映画、まさに子育てと子離れの映画。
旦那と出会って、出産して12歳まで育て上げる、そのお話。
大人が見るアニメです。
実写だったらチープになってしまいそうな設定も、アニメならではで成立させていくので見ていて説得力があるし、伝わってくるもの、想像させられることがとても多く、いやー、もう、感動しまくり。
前半から、最後まで泣きっぱなしでしたあたし。
特にひっこみじあんな長男がてっぺーに重なって、もう涙涙ですわよ。
映画館でたら鼻が真っ赤っかなわたしでした。
「時をかける少女」も大好きでしたが、それを超えてしまいました。
非、いまチビッコの子育てに奮闘している親ごさんに見てほしい映画です。
わたしはきっとこの映画を子育てで悩んだときや、てっぺーが独り立ちするときに、繰り返し見ることになるでしょう。
素敵な映画を教えてくれて、映画館で見せてくれた旦那に感謝!

テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2012/10/03 07:39】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<運動会。 | ホーム | 手ごわさ倍増中。。。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mirui123.blog43.fc2.com/tb.php/1040-658d0c99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
インフォメーション

★戯曲を読む会、現在休会中です。2年後(2015年秋ごろ)か3年後くらいに再開予定です。のんびりお待ちいただけたら幸いです。

戯曲を読む会のHPはこちら

あなたは何人目のお客様?

+15630人

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック