メニュー


みるいとは?
今後の予定
戯曲を読む会参加者募集
戯曲を書く会参加者募集
自作絵本1
自作絵本2
日記

プロフィール

かず

Author:かず
1月23日静岡生まれ・横浜育ちのメス。
役者としても古物商としても半人前。舞台出演多数。
最近はもっぱらネットでの自分の店の運営に夢中♪

戯曲を書くのが好きで、色々なジャンルの戯曲を声に出して読もう、という「戯曲を読む会」を定期的に行っています。

詳しい芸歴はこちら
メールはこちら

最近の記事

最近のコメント

ブログのカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

06 | 2016/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
みるいというのは私の生まれた地、静岡県の言葉で「青い、未熟だ」という意味です。いつでもみるい、そんなアタシのページです。コメント気軽に書き込んでね♪
夏にモノ申す。
いやー、暑い。
夏本番になってきました。

夏、ただでさえ、怠け者のあたしが、より一層なんでもめんどくさくなる、そんな季節だ。

今日あたしは、モノ申したい家電がある。
それは、扇風機だ。

なぜ、やつ(扇風機)のスイッチは、あんな足元にあるのだ。
いちいちしゃがんでスイッチ押すのが、めんどくさい。
誰が最初にあんな位置にスイッチ付けることを考えたのだ?

妊婦時代のなごりもあり、あたしゃ、扇風機のスイッチをすぐに足で押してしまうよ。
それを見て、子供たちが「扇風機のスイッチは足で押すもの」と思ってしまっている。

sennpuuki2.png

あたしがモノ申したいのはボタン位置だけではない。
夏になりやつが部屋に登場してからと言うもの、掃除のときに、まー邪魔だよ。あーた。
いちいち扇風機を持ち上げて掃除機かけるのが、なんとまーめんどくさいこと。

だから、ね。
もうこの際浮かしちゃうのはどうかしら?

senpuuki.png

こんな感じ。

壁に掛ける扇風機とかもあるけど、ね、、、。

あとね、もひとつモノ申したいのが、カーテンね。
なんで窓は両端から真ん中に向かってあけるのに、カーテンは逆なのか?
カーテンは真ん中からガバッと両端に向かって開けるでしょう?
だからさ、せっかく窓開けていい風入ってきたなーと思っても、夜になりカーテンくらいしめるか、としめちゃうと風断絶。
夜だけど、端っこ少し窓開けてたりするじゃない?
だからカーテンだって端っこだけ同じように開けておきたいわけよ。

だから、ね。

ほら、普通だと窓の両脇にカーテンが束ねられてるでしょう?
あれをやめにして、さ。

katen1.png

んで、夜。
窓を少しあけて風を通したいけど、カーテンも閉めたい。
そんなときは、
katen2.png

ね、端っこだけ開けられるの。両側ともね。

これダサいけど、よくない?


【2016/07/30 00:01】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(0)
natudesune
【2016/07/30 00:01】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(0)
すごい告白。
IMG_6896.jpg
顔シールを自分の顔に貼るふみ様。

IMG_6891.jpg
これは完全に鼻から鼻毛、というか鼻からうんこか。

5歳のてっぺーと、2歳のふみ。
それぞれ話す言葉が面白い。
ふみは2歳4か月にしては言葉の発達がヒジョーに遅く、たどたどしいふみ語が可愛らしく、てっぺーはてっぺーで言い間違いは少なくなってきたけど言葉の勘違いや、間違った使い方が素直で可愛らしい。

お風呂に入っているとき、お風呂の蓋を丸めて立ててあるのだけど、その巻いてある中に入って「お店屋さんごっこ」をするのが彼らの日課。
その時の会話をいくつかご紹介したい。

てっぺー 「いらっしゃいませー。何にしますかー」
かず 「ドーナツください」
てっぺー 「はい、どうぞ。」
かず 「(受け取って食べたふりをして)甘くてふわふわで美味しいですね。」
てっぺー 「(満面の笑みで)添加物ですよ」
かず 「え?添加物なんですかっ」
てっぺー 「添加物いっぱい入れておきましたよ」
かず 「・・・お店の人、添加物ってなんだか知っていますか?」
てっぺー 「野菜と同じですよ。栄養いっぱいですよー。」
(いやいや、添加物は野菜と同じでは、ない)

てっぺー 「いらっしゃいませー。何にしますかー」
かず 「キムチください」
てっぺー 「はい、キムチですねー。はい、どうぞ。甘いですよー」
かず 「え、キムチが甘いんですか?」
てっぺー 「はい。」

キムチが甘いそうなので、次の日のお風呂で、

てっぺー 「いらっしゃいませー。何にしますかー」
かず 「甘いキムチください」
てっぺー 「りんご味とキャラメル味どっちにしますかー?」
かず 「え、キムチにりんご味とキャラメル味があるんですか?じゃあ、キャラメル味ください」
てっぺー 「はい、どうぞ。キャラメル100%ですよー」
(キャラメル100%ということは、それはもはやキムチではなく、キャラメルだ!)

必ずふみもその後、真似をして兄が蓋から出てきた隙に、丸まった蓋の中に入っていき、両手を出して、
ふみ 「あーあああー」
かず 「じゃ、ドーナツください」
ふみ 「アンパンマン?」
かず 「いや、ドーナツ」
ふみ 「アンパンマン?」
かず 「じゃ、もうアンパンマンでいいです。それください」
ふみ 「(一度姿を隠して、再び両手を出して)アンパンマン」
かず 「はい、どうも。お茶もらえますか?」
ふみ 「アンパンマン?」
かず 「いや、お茶・・・」
ふみ 「アンパンマン!!」
かず 「じゃあ、アンパンマンで・・・」

この繰り返し。何を言ってもアンパンマンしか売ってくれないお店です。毎日・・・。
あ、時々、自分のほっぺをビヨーンとひっぱって、カレーパンマンも売ってくれます。(カレーパンマンとはまだ言えないのでジェスチャー)

んで、こないだ寝る直前、枕元で、てっぺーにこんな告白をされた。
「お母さん大好き。耳の穴ほじりたいくらい、好き」

こんな告白されたことありますか?
鼻の穴でなくて、耳の穴だよ。あーた。
寝てたからね、耳がよく見えたんだろうね。
いやー、こんなに気持ちのこもった愛の告白あたしゃ初めてだよ。

テーマ:育児・子育て - ジャンル:日記

【2016/07/03 21:30】 | 子どもたちのこと。 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
インフォメーション

★戯曲を読む会、現在休会中です。2年後(2015年秋ごろ)か3年後くらいに再開予定です。のんびりお待ちいただけたら幸いです。

戯曲を読む会のHPはこちら

あなたは何人目のお客様?

+15630人

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック