メニュー


みるいとは?
今後の予定
戯曲を読む会参加者募集
戯曲を書く会参加者募集
自作絵本1
自作絵本2
日記

プロフィール

かず

Author:かず
1月23日静岡生まれ・横浜育ちのメス。
役者としても古物商としても半人前。舞台出演多数。
最近はもっぱらネットでの自分の店の運営に夢中♪

戯曲を書くのが好きで、色々なジャンルの戯曲を声に出して読もう、という「戯曲を読む会」を定期的に行っています。

詳しい芸歴はこちら
メールはこちら

最近の記事

最近のコメント

ブログのカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

03 | 2012/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
みるいというのは私の生まれた地、静岡県の言葉で「青い、未熟だ」という意味です。いつでもみるい、そんなアタシのページです。コメント気軽に書き込んでね♪
続キドキドへ行く。
DSC07491.jpg

ドキドへ行って哲平楽しんでたって前回のブログに書いたとおりなんだけど、そのおかげで哲平さん午後おっぱいを飲むのを忘れていたの。今、卒乳に向けて昼間の授乳の回数を減らしていってる最中だからこれはとっても喜ばしいことなの。棚ボタ?!
んで次の日、相方が仕事休みで、そんなに哲平が楽しんでいたならばと、また行ったのキドキドへ。

DSC07487.jpg

方が哲平とキドキドで遊んでくれている間、わたしは久しぶりにつかの間のショッピング。
1時間半のスピードショッピングだったけど1人で身軽で楽しかったわ。最近の相方は育メン?!いや~ありがたいことだわ本当に嬉しい!
そしたらまた哲平さん、午後おっぱい飲むのすっかり忘れて夢中で遊んでくれて、それを機会にまたも午後の授乳なしに成功。
したら次の日から朝ごはんの後もなぜかおっぱい欲しがらなくなって、一気に授乳回数が減った。
夜寝る前と、深夜12時くらいと、夜中は授乳してるけどね。
昼間の授乳はなくなったからこの調子で、自然に回数減って卒乳を迎えられるといいな。
目標としては、来月卒乳!
卒乳は1歳半が目安らしいけど、1歳半だと真夏になってしまい水分欲しがるから卒乳の時期としてはよくないらしく、かと言って夏の前は梅雨なので、おっぱい欲しがってギャン泣きされても外出できないのはとっても辛い。
なので、目標5月中!もし無理そうなら夏を超えて秋の卒乳、だな!
おっぱい大好き哲平さん、はたしてどうなることやら。

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

【2012/04/21 22:55】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
キドキドへ行く。
DSC07452.jpg
耳鼻科で泣き疲れて出たとたん爆睡。なので母ちゃんはゆっくり1人ミスドでランチ。

えまえからわたしの耳はチョー痒かった。もう季節問わず年がら年中チョー痒いの。
1年前近所の耳鼻科に行ったら、「耳の中のアトピーみたいなもので、おばあちゃんになって神経が鈍くなるまで治らないよ」と先生に言われ、半ばあきらめていたんだけど、もう毎日耳から汁出るし、ついにプールで水入ったみたいな状態になっていたから、こりゃあかん、でも去年とは違う病院に行ってみよう、とママ友からまえから良いと聞いていた、ちょっと電車に乗って行く遠い耳鼻科へ行ったの。
したら、言葉は厳しいけれどなんだかとてもデキル感じの先生で、外耳湿疹?とかなんとかいうのだと診断され、その先生には「治るよ」と言われて安心したの。んで今も毎日その薬を飲んでるわけだけど、この薬効くんだけど副作用が強いんだって。
副作用は何かって聞いたら、「眠くなる」と言われ、はいそうですか、いいですそのくらい。と服用して気付いた、この薬1日いっかい寝る前に飲む薬だから、まぁ、よく眠れる。
久しぶりにこんな深く寝たわっていうくらい、もうぐっすり。
そりゃあ、哲平の泣き声で何回かは起きるし深夜の授乳はあるけど、でもその合間合間の眠り方が、なんか今までと違う。
だから最近のわたしは、チョー元気。だって耳も痒くないし、深く寝てるから。

でね、今日話そうと思っていたのはね、その日の午後の話。
耳鼻科でついでに哲平の耳あかを生まれて初めてとってもらったんだけど、ただでさえ泣き虫哲平さん、病院中に響き渡る大声で泣きわめき、のたうちまわって逃げようとするので、看護婦さん総出で全員で哲平を押さえつけ、なんとか耳あかとりに成功したんだけど、いつも注射とかの日、夜泣きひどいので、このままでは絶対今夜もふどいギャン泣きになるなと、そう思って、突如行くことにしたみなとみらいの「キドキド」。
「キドキド」というのはね、ボーネルンドという赤ちゃんのおもちゃ作ってる会社がやってる有料の子供の遊び場。
まえから色んなママさんから、楽しいらしい、とうわさを聞いていたので、耳鼻科の恐怖を払拭すべく、良い思い出作りにむかいました「キドキド」へ。

DSC07462.jpg
ボールプールで奇声を上げながら泳ぎまくる哲平さん。かなり楽しかったみたい。

DSC07459.jpg
いたずらし放題な台所の玩具。

そびのせかい、とうたっているだけあって、スゴイ。いつも行っている近所の児童館とは訳が違う。
ひろいし、頭良くなりそうな玩具や、運動神経良くなりそうな玩具までなんかすごい考えられた配置に色々ある。
さすが有料なだけあるなぁ。
しかもここでバッタリ、紗帆ちゃんに遭遇。ビックリ。
こんなところでも地元のママ友に会ってしまうとは。
耳鼻科行くだけのつもりだったから親子して普段着だし、恥ずかし。

120416_1443~001
紗帆ちゃんと哲平、トランポリンに挑戦、の巻き。(もちろんすぐ泣き、わたしの足にしがみついていました)

像以上に哲平がハイテンションで楽しんでいて、夜中、寝ながら「キャハハハ」と声出して笑ってた。よほど楽しかったのね。
作戦通り耳鼻科の恐怖は、忘れてくれたようです、たぶん。

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

【2012/04/21 22:44】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
3巨頭会談、ふたたび。
DSC07444.jpg
左から、きらと、てっぺい、さくたろう。

日、ベトナムから帰国したピスタ一家に会いに、船橋まで行ってきました。電車でベビーカーで行ったので、ちょっとした遠出でドキドキでしたが、電車もすいていてスムーズに行かれました。
同期のおきとその旦那さんときらとも来て、きらと、てっぺい、さくたろう(ピスタの息子)と夢の3巨頭会談の再来です。(前回はピスタ一家が一時帰国中の時に我が家で開催された)
3巨頭とも同じ学年(今一歳)なのですが、発育具合も性格も3者三様で非常に面白かったです。
さくたろうは、てっぺいと3カ月ほどしか変わらないのですが、もう1から10まで数えられるし、「あたま」とか「目」とか言いながら指したり、色々理解していることも多く、すごいなぁと思いました。
てっぺいは、まだ意味のある言葉としては、物を渡すとき等に「はいっ」って言ってくれるのと、「マイッ」(ウマイ)と言いますが、食べているとき以外も言っているので、意味はまったく理解していません。
他はすべて「あー」です。
きらとはきらとでてっぺいと2週間くらいしか変わらないのに、ものすごい食べっぷりにビックリです。おやつに焼き芋3本食べちゃうそうです。なのでめちゃめちゃウンチします。ビックリです。
てっぺいはいつものようにおっとりと動きも緩慢で、玩具をきらとに奪われていましたが、以前はされるがままだったのが、少しは嫌そうに手を振ってみたり、拒否の態度もしていて意思を表し始めました。

らともさくたろうも、すでによく歩くので、哲平も刺激を受けて歩くようになれば良いなぁと思っていたら、意外なところで刺激を受けたようです。
それは、「ストロー飲み」。
てっぺいはまだストローでお茶やジュースが飲めなかったのですが、いつのまにかきらとのストローマグを奪い、勝手に飲み干していました・・・。これまで麦茶や水や赤ちゃんジュースなどを同じマグを使って飲ませても、まったくもって飲めなかったのに、これには驚きました。
しかもきらとのマグをよほど気に入ったのか全然離さず飲み続けていました。
どうやらその秘訣は、中身の「十六茶」のようです。それ以来、てっぺいは十六茶のみ、飲めるようになりました。これまで水分はほとんど母乳からしかとれていなかったので、これは大きな進歩です。
行って良かったわー。

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

【2012/04/21 00:00】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(2)
幸せゲット。
120412_1441~001
一足早く、端午の節句気分。

年ぶりに2人の友人、ラサとKちんが哲平に会いに我が家に遊びに来てくれて、ホームベーカリーでピザ生地を焼き、3人で「春のピザ祭り」を開催しました。(哲平入れれば4人だ)
2人が来てから生地にトッピング具材を乗せてオーブンで焼こうと思っていたら、2人の訪問に驚いたのか哲平が泣きやまず、わたしはやむなく哲平をずっと抱っこしていたので、実質的にはお客さまである2人の友人がピザを作ってくれました。
それはそれは、とっても美味しかったです、グフフ。

「ピザ祭り」終了後、哲平もだいぶ2人に慣れてきてご機嫌になってきて、散って風で舞う花びらがキレイだから、と近所の桜がある公園に皆で繰り出しました。
買って来てくれた団子を3人で食べていて、時々風で桜の花びらが降ってきて、その1枚がKちんの持っていた団子にペタリ、くっついた。
それを見たラサが、「知ってる?舞ってる桜の花びら3枚集めると幸せになれるんだって」。
へ~、ロマンチストねぇ、などと言いつつ目の色が変わった2人。
「あたし、ちょっと挑戦してみるわ。」そう言って団子のゴミをしまい、立ちあがったのは、今人生の大きな節目を迎えているKちん。
「え、ちょっと、あたしも幸せ欲しい。幸せになる。」わたしも団子を頬張りつつ立ち上がった。「じゃあ、わたしも」と言い出しっぺのラサも参戦。

取り網で花びらを集める小学生に乾いた視線を投げられつつ、30代大の大人(女子)が、本気で、文字通り本気で、花びら3枚集めにかかったのです。
舞っている桜の花びらを掴むのは、これが意外に難しい!
こんなにたくさん絨毯のように落ちていて、そして風が吹けば一斉に降ってくるのに、1枚1枚手でつかみとろうとすると、なかなか難しい。
思えば、幸せってそういうものよね。今わたし達の足で踏みつけている大量の幸せたち、舞っている間は幸せなのに、地面に落ちた瞬間それは幸せでなくなってしまう。
こんなに大量の幸せが降っているのに、それ1つ掴みとることのむずかしさ。
わたしは、哲平なんてほったからかしで、花びらゲットに奮闘しました。
「あー、今惜しかった!」「あ、あたし1枚ゲット!」「あ、あたしこれでリーチ!幸せまであと1枚!幸せにリーチかかりました!」そんな具合に3人の女子たちはキャーキャーと花びらを取るのに夢中。
で、どうなったかって?
時間は少々かかりましたが、3人ともちゃんと3枚ずつゲットできましたよ。
最後までなかなか花びら掴むことが出来なかったのは、はい、わたしです。でも最後には取れたもーん。花びらの方からわたしの手の中にスーッと入ってきてくれたもん。掴もう掴もうと思ってると取れなくて、あきらめたころ幸せが自ら入ってきてくれたんだもん。
こういう時、ダルビッシュがいてくれたら、瞬時に3枚取るんだろな。あとプロボクサーとかさ。動体視力いいでしょ。

120412_1637~001
ぼく、ほったらかしなんですけど・・・。


テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

【2012/04/13 22:35】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
お花見したよ。
DSC07368.jpg
初めてお花見したよ!

日はすごい風で桜が散ってしまってそうですが、運よく昨日、相方がお休みの日でお天気も良かったのでお花見しに行きました。
昼時はめっちゃ混雑が予想されるので、あえて3時半ごろ行きました。これが大正解!
うちから歩いて15分ほどにある大池公園ですが、とてもすいていて、暖かい日だったので気付けばずいぶん長いこと大池公園で遊んでいました。

DSC07384.jpg
イエーイ!一生懸命歩く練習をする哲平氏。

DSC07391.jpg

年、生後2か月の哲平を抱っこひもでだっこして、同じ場所に桜を見に行ったのですが、さすがは新生児、まだ昼夜の区別もついていないので、ずっと爆睡していて一度も瞼を開かず、哲平は今回が初めての桜見物となりました。もちろん美味しいお団子を買って行きましたよ。花より団子。家族3人でのお花見はとても楽しく、幸せなことだなぁと思いました。

DSC07408.jpg
満開だよー

んなに運動したのに、運動したせいなのか夕方帰るといつものようにギャン泣きが始まり、また抱っこしてもおもちゃなどで興味をひこうとしても全然ダメで夕飯も食べる気0だったので、この日は相方が、恒例となりつつある「哲平さんの夜のお散歩」にくり出してくれました。
その間に夕飯の支度ができたので、とても助かりました。
哲平さんは3日連続の夜のお散歩となりました。
こんなに運動したのに、いや、運動したせいなのか夜中の授乳は1回ですみました。
いつか朝までぐっすり眠れる日が来るのだろうか。来てほしいなぁ。


テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

【2012/04/11 21:30】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(3)
ある日の。
DSC07280.jpg
押入れ開けると、もれなく中に入ります。

日は嫌いだ。特に日曜は嫌いだ。相方は仕事なのに、児童館が休みだからだ。土日に出会うママ友は皆楽しそうに見える。土日は旦那さんがお休みの人がほとんどだから。わたしは、とてもうらやましい。土曜に児童館に行くと、夫婦で来ていたり、旦那さんが子供を連れて来ていたり、そういうのを見るとわたしはいいなぁ、と思う。羨ましいなぁ、と。
育メンが流行っているから尚更嫌だ。育メンなんてなければいいのに。皆うちみたいに休みが月に3、4日程度しかなければ羨んだりしないのに。
仕方ないので、日曜はいつもドン・キホーテのちびっこ広場へ出かける。靴をはいて外歩ければ、外で遊ばせることができるけれど、哲平はまだ歩けないからどうしても室内でしか遊べない。
ドンキのちびっこ広場はいつも行く児童館より狭いし、衛生的ではないし、長居は出来ない雰囲気だけど、家に二人でいるよりずっとまし。家にいると泣きっぱなしだから。
いつも閑散としている道が、近所に桜の名所があるから、花見に向かう人で道はとても混んでいてさらにイライラする。花見に行く人々も、楽しそうで、わたしは羨ましい。花見なんてなければいいのに。でも本当はわたしも皆でワイワイ花見に行きたいの。とても、とても羨ましい。
睡眠不足と朝からのギャン泣きと、こういう日に限って色んなママ友やそのご主人に会ってしまうもの。羨ましさもMAXで、わたしはとても悲しくなってきて、夕方哲平はまた一層激しい泣き方でどうしようもなかったから、もう一度(正しくは三度目だけど)わたしは着の身着のままで、ベビーカーで外に出た。
夜桜見物に出かける人で、まだ道は少し混んでいて、どこに行こうか悩んだけど、行けるのは近所のスーパーくらい。スーパーであてどもなく、少し買い物をして、どうせ家に帰ったってギャン泣きして離乳食食べないからと思って、スーパーにある授乳室で哲平に買ったばかりのベビーフードをあげていたら、なんだか自分のダメさ加減に嫌気がさしてきて、哲平はうろちょろ動きまわって全然食べないし、挙句わたしの眼鏡を何度も取っては振り回すので、イラッとして、普段哲平からされている何倍もの威力のヘッドバットを、哲平の可愛いおでこにくらわせた。
完全な八つ当たりだ。哲平は泣かなかったけど、ああ、やってしまった、わたしはこうして虐待していくんだ、と思ったらさらに哀しくなって、家に帰ってお風呂のお湯を入れている時、しくしく泣いていたら、哲平が初めて、つかまっていた手を離して、1歩歩いた。
わたしはビックリして、余計に涙が止まらなくなって、赤ちゃんみたいにエンエン泣きながら「すごいねぇ、やったねぇ」と褒め称えたけど、きっと声にはなってなくて。
成長しなくちゃいけないのはわたしの方だ。
おやすみなさい。
(これからこういうことって山のようにあるんでせうねぇ・・・)

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

【2012/04/08 21:59】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(8)
夜泣き、朝泣き、そして昼泣き。
13335185180850.jpg
いつも行く児童館でたまたま紗帆ちゃんに会ったよ。
哲平&紗帆ちゃん、キッチンのおもちゃで遊ぶの図。

こんとこチョー大変よ、あーた。ブログも全然更新できやしない。
何が大変って、つい先週までは夜寝かしつけた後は授乳せずに朝を迎えることが多くなってきていたのに(寝像が悪すぎるから、あちこちぶつかって何度も泣いて起こされるけれど)、ここ1週間ほどまた始まっちまったわよ、夜泣き。
1時間近く抱っこしていても、おっぱいあげるまで全然泣きやまず、ものすごいボリュームで深夜に全身で泣くのよ。おっぱいあげたからと言って新生児のようにすぐ寝てくれるなら良いんだけど、おっぱい終われば終わったで直後にまた泣きだす。
一昨日は深夜に4回も授乳して(新生児なみ!)、昨夜は2回。
おまけに早朝4時から6時は泣きっぱなし。こっちが一番寝たい時に・・・。これはもはや夜泣きではなく朝泣き。
なので睡眠不足続きで、おっぱいたびたび飲むから離乳食も全然食べない。
同じくらいの月齢の子たちは、もう寝る前1回しか授乳してないとか、とっくに卒乳してる子だっているのにさ。ここまでおっぱいに執着するとはね。
昼間は昼間で、おっぱいくれくれとギャン泣きしてばかりで、ちょっとわたしが離れただけでもギャン泣き。
鼻をかもうと立ちあがっても泣くし、オムツを捨てに隣の部屋に行くのもギャン泣き。なにも出来やしない。
また楽だから、わたしもすぐ負けておっぱいあげちゃったりすんのよね。
なので、わたしはすべての家事を放棄して、朝から児童館へと出かけているのです。
児童館などでは興味のある玩具がたくさんあるので、おっぱいもあまりせがまないし、泣かない。家にいるよりはるかに楽なので、わたしはずいぶん前から常連さん。
しかし午後、家に帰るとまた始まるギャン泣き。そのたびに抱っこしたり、外を見せたり玩具で気を引こうとしても、抱っこしてももう泣きやみゃしない。抱っこひもで抱っこしながら何か夕食を作ろうとしても、抱っこひもの中でそっくり返って泣く始末。
もうお手上げ、体中もギシギシ、と母に相談して返ってきたアドバイスが、「テレビを買いなさい。」
わたしと弟の2人を育て上げた母のアドバイスが、テレビ・・・。夕方、おとなしくテレビ見てる間に家事出来るって聞いたしな・・・買おうかな・・・。
お掃除ロボットのルンバが流行っているけど、「子育てロボットサンバ(産婆ではない)」とか開発されないかな。わたし即効買うのにね。

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

【2012/04/06 21:23】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
インフォメーション

★戯曲を読む会、現在休会中です。2年後(2015年秋ごろ)か3年後くらいに再開予定です。のんびりお待ちいただけたら幸いです。

戯曲を読む会のHPはこちら

あなたは何人目のお客様?

+15630人

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック