メニュー


みるいとは?
今後の予定
戯曲を読む会参加者募集
戯曲を書く会参加者募集
自作絵本1
自作絵本2
日記

プロフィール

かず

Author:かず
1月23日静岡生まれ・横浜育ちのメス。
役者としても古物商としても半人前。舞台出演多数。
最近はもっぱらネットでの自分の店の運営に夢中♪

戯曲を書くのが好きで、色々なジャンルの戯曲を声に出して読もう、という「戯曲を読む会」を定期的に行っています。

詳しい芸歴はこちら
メールはこちら

最近の記事

最近のコメント

ブログのカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

02 | 2011/03 | 04
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
みるいというのは私の生まれた地、静岡県の言葉で「青い、未熟だ」という意味です。いつでもみるい、そんなアタシのページです。コメント気軽に書き込んでね♪
お宮参り。
CIMG1903s.jpg

CIMG1940s.jpg

当は10日くらい前に行うはずだったお宮参りですが、震災の影響で延長し本日26日大安に行いました。良いお天気の中、地元の氏神様にこ々の土地の赤ちゃんと認めてもらいに行きました。ずっと爆睡していて、太鼓やシャランシャラン鳴る楽器?の音にもびくともせず。きっとこの調子だと今夜もずっとオメメパッチリだわね…。
体重は5300グラムを超え、重くなってきました。が、まだうまく昼夜のリズムはつかめていないようです。
出産から2カ月滞在していた実家を離れ、明日からアパートへ戻ります。母の手を借りずにやっていけるか不安です…。

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

【2011/03/26 21:49】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(3)
近況。
110325_1303~001

に哲平を預けて、息抜きに横浜へ買い物に行ってきました。
久しぶりに乗った電車は節電で真っ暗で、横浜のショッピングモールも一部暗かったりエスカレーターが止まっていたりしました。
写真は、哲平がいたら絶対入れない小さなカフェで食べたアボカドバーガー。
出産するまではダラダラ買い物することも日常の一部でしたが、赤ちゃんがいると貴重な時間!良い息抜きになりました。
哲平はミルクと母乳の混合なので、母に預けることが出来ますが、完全母乳だと人に預けられなくて大変だよなぁと思いました。

日、哲平の顔の湿疹がひどくなってきたので、出産した病院に行きました。(小児科もあるのです)
哲平を目にするなり先生に、「名前の通り男らしくて、元気いっぱいで、体力もありそうだねぇ」と言われました。
湿疹は薬が効いてだいぶ良くなってきましたよ。
原発の爆発による放射線が心配で外出もどの程度していいのか…不安です。

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

【2011/03/26 21:21】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(1)
品不足で。
DSC01141.jpg


じ町内でも3丁目の我々はもう3回も計画停電を経験しているのに、4丁目の方は停電一度もなっていないそうだ。ムム。
スーパー等ではコメやパン、牛乳、卵がいつも品切れで、ダイエーでは配給制だとアナウンスが流れていたらしい。
そんな中、我が家でも牛乳が底をつき、毎朝コーヒーに牛乳を入れて飲むことができなくなった、んが、気付いた。
哲平は、最近グルメになってきて粉ミルクを与えると夜はかなりの確率で飲んでくれず、おっぱいばかりせがむようになってきた。
そこで哲平が残したミルクを取っておいて、コーヒーに入れて飲んでみた。
牛乳とは味が違って、濃厚な感じだけどこれはこれでなかなかいける。栄養満点で体にもいいし。
粉ミルクコーヒーを飲んでますと母に言われました。
「あんたそのミルク入れるなら、自分のおっぱい絞って入れればいいじゃない。」
なるほど、自家発電ですな。

災地のことを思えば、牛乳くらい。被災地のお母さんたちは母乳も出なくなってしまっているらしい。
昨日ラジオで「一般の方も被災地に物資を送ることが出来るようになった」と言っていたので神奈川県のHPを見ると、おむつなど「1品につき段ボール5箱から」って書いてある。これじゃ一般人は無理だよね。5箱もおむつ買ったら、確実に買い占めになってしまうし、業者しか出来ないね。。。

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

【2011/03/20 13:57】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
計画停電2日目。
110215_1932081.jpg
流し眼。哲平の写真ばっかりでスミマセン…

夜は計画停電の2日目でした。
イベント関係の仕事をしている相方は今月いっぱいイベントの休演が決まり、お休みでした。イベント関係全てキャンセルになってしまい、会社もピンチ?!失業の可能性が…。ハラハラ。
そんな相方と16時ごろ駅前のスーパーに散歩がてら買い物に行ってみますと、卵や納豆は売り切れでしたが、野菜や肉や魚など普通にたくさんありました。
混み具合も日常の夕方程度の混み具合で、昨日話に聞いたようなパニックぶりはまるでありませんでした。
1日たって落ち着いたようです。
レジのお姉さんに「電池どこですか?」と聞いたら「このレジの横の棚にあるだけなんですよー。もうほとんど売り切れで…」と言われました。
しかし相方が「あったよ」とわたしが探していた電池を持ってきました。
わたしが欲しかった電池は単3などのよく使う電池ではなく、哲平の体温計の電池が切れたので小さな丸い電池が欲しかったのです。なので普通に買えました。良かった。きっと店員さんはこの日何10回も「電池どこですか?」と単3などの電池を求めるお客さんに聞かれていたのだと思います。電池といえば、単3、みたいな。

電は18時20分から22時までということで、それまでに夕飯を済まそうと買ってきたばかりの鍋の材料を広げ、準備にかかりましたが、気付いた。
実家の鍋は電気の鍋!!!
停電では使えない!!
しかし母が昔使っていた壊れているガスコンロを探し出し、普通の料理の鍋を置いて、なんとかガスでの鍋実現。
18時20分になっても停電にならず「今日もならないんだねー」と話しながら鍋をつついていた19時過ぎ、突如真っ暗に!いきなり始まった停電で、よせ鍋が闇鍋になりました。
停電になるかもとわかっているので懐中電灯などを用意していましたが、予期せぬ災害でいきなり停電になったら絶対パニックになるなぁと思いました。
闇鍋の後、暗い中授乳をし、暗いし寒いのでもう寝るしかないね、と早々就寝しました。
周りの家の懐中電灯の明かりも見え隠れし、特に停電での混乱は我が家ではありませんでしたよ。

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

【2011/03/16 10:03】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(2)
計画停電初日。
DSC00948s.jpg

ちは計画停電の第2グループに入っていました。
電気が一斉に使えなくなるので、スーパーなどの店のレジも使えないし、工場なども止まるし、色んな物が不足するなと思ってはいましたが、ここまであらゆる電車が運休し、店に人が殺到するとは思ってもいませんでした。
相方は仕事が休みになり、一緒に実家ですごしました。
米があと二日分くらい、おむつはあと1日分くらいしかなかったので、朝、駅前のスーパーに母と相方が車で買い出しに出かけましたが、1分で帰ってきました。
うちのすぐそばの道からすでに大渋滞が始まっており、とてもじゃないけどこれではスーパーまで何時間かかるか分からないということで、戻ってきたのです。
実家のある駅もご多聞にもれず電車が運休しており、皆電車が運行している駅まで車で移動しているため出来た大渋滞だと思われます。

ーパーが営業しているかどうかも分からず何度も電話してもつながらず(皆考えていることは一緒なのね)、ひとまずおむつだけは確保せねばと相方が今度は徒歩で、出かけて行きました。
はじめ、ベビー用品が充実している駅前の薬局に行ったそうですが、まぁ、すごい。パニックパニック。人だらけで店の中に入ることが出来ず、お年寄りたちはお店の前で無気力に座りこんでいたそうです。
ここの薬局に入ることはあきらめて、次に駅前のスーパーに行ったものの休業。ネットでは営業しています、と書かれていましたがやはり急な停電に備えて一日休業するとのこと。
その次に向かったのが駅の向こうにある大きな薬局。これまた人だらけだったそうですが、なんとか残り少ないおむつとミルクをゲットして帰ってきました。
どこの店でも食料品関係はすべて完売で、入手が困難です。
母曰く、オイルショックの再来のようだとのこと。
まぁ、おむつさえあれば、我々大人は多少お腹が減ろうとしばらく我慢できるからね、と相方がおむつを買ってきた以外は、買い出しなどに行くこともなくおうちに籠っておとなしくしてましたら、しばらくして、色んな戦利品をゲットしてきた弟のお嫁さんが訪ねてきてパンやカップラーメンなどたくさんおすそ分けを頂きました。

道のように、この日結局停電にはなりませんでしたが、計画停電4月まで続くとのこと。連絡もなくいきなり停電になるようで街中は混乱していますが、少しでも地震で被害を受けた地域の方たちの力になれれば、と思います。
ラジオでもしきりに、車での外出やガソリンの補充を控えるようにアナウンスされています。
ガソリンが足りず、被災地にに物資を運ぶことが出来ないそうです。
まだ被災地で孤立して助けを求めている人もたくさんいます。
一人でも多くのご無事と健康を祈ります。

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

【2011/03/15 13:27】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(3)
地震の時。
110312_0849~001
スマイル!スマイル!

家のリビングで、哲平におっぱいをあげていたら、大きな揺れを感じ、哲平を抱えたまますぐにテーブルの下にもぐりこみました。
揺れはどんどん大きくなり、サイドボードの扉が開き、中に飾ってあったものたちと、サイドボードの上に乗っていたこまごましたもの、仏壇の位牌や水やご飯の入れ物等が次々落ち、割れました。
幸い、テーブルの下に落下物は入って来ず、仏壇に供えてあったリンゴだけが転がってわたしの足もとに来ました。
わたしは片手に哲平、片手にりんごで揺れが静まるのを待ちました。揺れている間も哲平は、ずっとおっぱいに吸いついていました。
待っている間は1分もなかったはずですが、とても長く感じられました。

れがおさまったので、テーブルから出るとつけっぱなしだったはずのラジオが切れていて、チャンネル変えてみても何も聞こえず、一番必要な時になんで聴こえないんだと思い、周りを見るとエアコンも消えていて、停電だ!と気付きました。
哲平をバスタオルでグルグル巻きにして、家の外に飛び出るとお隣の奥さんも出てきていて、「大きかったですね。怖いですね。」等と言葉を交わしました。
わたしは家に哲平と二人きりだったので、初めて顔を合わす実家のお隣さんでしたが(お隣は引っ越してきたばかりなので)とても安心できました。
今のうちに、と思い寝室にある電池で聞いている携帯ラジオを取りに行き(もちろん哲平をずっと抱いたまま)、家の階段や2階も色んなものが落下していたり、タンスが動いていた跡を目の当たりにして、揺れの大きさを実感しました。
余震が怖いので、そのまま外に出てラジオのスイッチを入れ、地震の最初の情報を聴き、お隣さんはラジオがないと言っていたので情報を伝えました。
ラジオから流れるアナウンサーの声は、緊張したものでしたが普段聞いているアナウンサーの声でしたので、これまた安心し、落ち着くことが出来ました。
心臓はバクバクして、頭も働かなかったですが、アナウンサーが「電池や、携帯の充電を用意して」と言っていたので言われるままに必要なものを手早く鞄につめ、コートを持ち、もし大きな揺れが来た際はすぐに持って出られるように玄関に置きました。
おむかいのうちのおじいさんも出てきて「赤ちゃん大丈夫?」等と声をかけてくれてとても心強かったです。やっぱりご近所さんって大切。

度5強で、こんなに怖かったのに震源地の近くの方や津波の被害にあわれた方は、どんなに恐怖を感じたことでしょう。想像も出来ないほどです。
出かけていた母とはすぐにメールで連絡が取れ、お互いPHS(ウィルコム)をつかっていたので、相方ともすぐに電話で話すことが出来ました。携帯電話は全然繋がらなかったという話を後で聞いて、これほどPHSを使っていて良かったと思ったことはありません。

震の発生から日がたつにつれて、どんどん被害の大きさが明らかになり、被害者の数もみるみる増え、テレビでの映像を見るにつれ、さらに恐怖が増してきています。テレビで「粉ミルクや紙おむつが足りない」という報道を見て、すぐにでも送ってあげたいですが道もなくなっているし、ゆうパックや宅急便なども受け付け停止で送るすべもなく、自分の無力さにとてもはがゆい思いです。今もまだ助けを待っている人々がたくさんいて、毛布や水などの物資も足りないところも多いとのこと。
とにかく今、自分で出来ることを、と無駄な電気を消したり、昼間は暖房を切ったりひたすら節電。これ以上被害が大きくならないようにただただ祈ることしか出来ません。普通に朝起きて、蛇口をひねれば水が出て、ボタンを押せば電機が付く、当然のように毎日してきましたが、なんて幸せなことなのでしょう。
一人でも多く命が助かりますように。ご家族の行方が分からない方の安否が、一刻も早くわかりますように。

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

【2011/03/13 13:02】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(4)
1カ月検診で・・・。
DSC00985S.jpg
おめかし哲平。

月3日が1カ月検診でした。
一番ウエストにゆとりあるズボンを履いてみますと、ビックリ。まったく履けない。
チャックが上がらないというレベルではなく、ズボンのウエストのあっちとこっちが10センチ以上離れている…。
これでは手持ちで履けるズボン、スカートは1つもなく、仕方なしに母のジーンズを借りました。しかしそれもパツンパツンという…。ああ、ショック。着られる服はジャージのみ…。

診で小児科の先生に「哲平が夜寝てくれなくて、ほぼ毎日徹夜なんですけど」と相談しました。
わたしは「来月くらいには2、3時間まとめて夜寝るようになるよ」とか夜寝かせるための秘訣のようなものを教えてもらえるのではと期待しておりました。
すると先生はこう申しました。
「赤ちゃんは生活リズムが出来るまで3カ月かかります。3カ月から6カ月までは夜泣きがあります。夜泣きは、体重も増えて泣き声ももっとうるさくなります。半年までは毎日徹夜を覚悟してください。」
ガーーン!!

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

【2011/03/05 16:56】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
インフォメーション

★戯曲を読む会、現在休会中です。2年後(2015年秋ごろ)か3年後くらいに再開予定です。のんびりお待ちいただけたら幸いです。

戯曲を読む会のHPはこちら

あなたは何人目のお客様?

+15630人

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック