メニュー


みるいとは?
今後の予定
戯曲を読む会参加者募集
戯曲を書く会参加者募集
自作絵本1
自作絵本2
日記

プロフィール

かず

Author:かず
1月23日静岡生まれ・横浜育ちのメス。
役者としても古物商としても半人前。舞台出演多数。
最近はもっぱらネットでの自分の店の運営に夢中♪

戯曲を書くのが好きで、色々なジャンルの戯曲を声に出して読もう、という「戯曲を読む会」を定期的に行っています。

詳しい芸歴はこちら
メールはこちら

最近の記事

最近のコメント

ブログのカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

01 | 2009/02 | 03
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
みるいというのは私の生まれた地、静岡県の言葉で「青い、未熟だ」という意味です。いつでもみるい、そんなアタシのページです。コメント気軽に書き込んでね♪
レーシック。
090224_1509~001
わたしの大好きなア・ラ・カンパーニュのイチゴタルト。
A子の結婚式の引き出物が選べるカタログギフトで、
その中からわたしは、ここの店のカフェチケットを選んだのです。
なのでタダ食いです。

、話題になっているレーシック手術の事件。
え、銀座眼科?え、9万5千円?
ま、まさか。
そしたら予想通り、バイトしていた家具屋の社員さんが手術を受けた眼科でした。
その社員さんは(女性)、ぽっちゃりしてて、お客さんからの話しかけられ率№1の、
人の良さがにじみ出ている素敵な人でした。
その人は、すぐ人のモノマネをするのですが、
一番、皆が大爆笑だったのが、この手術をしてくれた銀座眼科の先生のモノマネでした(不謹慎ですみません)。
看護婦さんはものすごい上のほうから目薬をさしてくれたり(それじゃ眼に入らないよ)、
よくそのやり取りを真似しながらレーシックについて色々聞かせてくれました。
幸いその社員さんは感染症にはならなかったとのこと。
良かった。
そして、わたしもレーシックちょっと考えていたので、紹介でそこで手術、なんてことにならなくて良かったなぁと思います。

術後痛くて痛くて眼が開かなくて眼を閉じたまま駅まで行ったら1つ先の別の駅だったという話しを何度も聞いて、やっぱりレーシックは怖いなぁと思っていました。
その人も1週間後とか1ヵ月後とかの検診に行くときに
「もうあの病院なくなってるんじゃないか?」と思いながら行っていたそうです。
まさかこんな事件になっちゃう怖いところだったとは、驚き?納得?です。
【2009/02/27 20:47】 | 心理近況 | トラックバック(1) | コメント(2)
レジマシーン。
所の西友に我々が「マシーン」と呼ぶレジ打ちのスペシャリストがいる。
長身で長いストレートの髪を1つに結わき、
彼女はおそらく20歳前後だと思うけれど和田アキ子のような貫禄がある。
そして、レジと一体になったかのような無表情さで
カゴに入った野菜やら肉やら牛乳やらを眼で追えないほどの速さで「ピッピッ」とレジに通し、
またカゴに入れていく。
その早いこと、早いこと。
わたしはどんなに列が並んでいても彼女がレジを打つ6番レジに必ず並ぶ。
隣の休止中だったレジが「こちらもどうぞー。」と開いたとしても、わたしは決してその列から動かない。

シーンは決して客に愛嬌を振りまいたりしない。
ニコリともしない。いらっしゃいませとも言わない。
ただ、手を動かしながら客の眼も見ずにこう言う。
「レジ袋はご利用ですか。」
交わす言葉はそれだけだ。
しかし客が「はい。」と言えど「いいえ。」と答えど、なんの返事もない。
マシーンにはそんなこと関係ないのだ。
まるで「レジ袋はご利用ですか。」と言った瞬間に興味はうせてしまっているかのようだ。

ちの相方が一度だけ、マシーンの登場シーンに遭遇したことがある。
夕方17時。レジの交代時。
マシーンが6番レジに向かってくるその姿からはオーラが出ていたそうだ。
他の店員や客が「ザッ」と場を空けてしまうほどの。

んなマシーンがここ1週間くらい姿を見せない。
6番レジにはそれまで7番レジにいて、いつも背中でマシーンのオーラを感じながらオドオドとレジを打っていたフクズミさんがいるだけだ。
心なしかフクズミさんは活き活きしているように見える。
おつりを渡すときなんか、軽くジャンプしながら手に小銭を置いてくれた。
まさか、マシーンの身に何か・・・?
そういえば、2週間くらい前からわたしはマシーンに異変を感じていた。
そう、化粧をしていたのだ。
いつもスッピンだったマシーンが。しかもかなり濃い目の。
それを見るたびにわたしは「今日はマシーン、この後デートなのかな?」とか
「コンパにでも行くのかな?」と勝手に思っていた。
まさか変な男にひっかかってレジ打ちバイトを辞めてしまったのか・・・

つかこんな日が来るのではないかと出会った時から予感はしていた。
しかし、もしマシーンが辞めたのだとしても、わたしはマシーンを責めたりはしまい。
なぜなら、彼女には心底幸せになって欲しいからだ。
マシーンのおかげで、我々の「一生のうちのレジに並ぶ時間」がどれだけ短縮されたことだろう。
ありがとう、マシーン。
幸せをつかんでくれ、マシーン。
そして出来ることなら、またどこかのレジでそのマシーンぶりを発揮させ、
人々の「レジに並ぶ一生のうちの時間」をどんどん短縮させてもらいたい。
たとえ結婚しても。子供をおぶってでも。
「レジ袋はご利用ですか。」
交わした言葉はこれだけだけれど、ありがとう、マシーン。
【2009/02/23 09:56】 | ベスト・オブ・ブログ | トラックバック(0) | コメント(4)
今月の戯曲を読む会終了!
090209_1524~001
これも昭和20年代の広告。
なぜ電気とバットを一緒に売るのか?
昔は電気屋でバットを売るのが一般的だったのか?
それともただの野球好きな電気屋なのか?

18日に今月の戯曲を読む会が無事終了いたしました。
ご参加いただいた12名の皆様、ありがとうございました!
今回は素敵な声の21歳の女優さんOさんと、
現役女子大生で歴史検定3級のJちゃんが初参加で平均年齢もグッと下がり、
そして男性人が遅刻だらけだったので、前半はまるで女子高のような雰囲気でしたね。
戯曲を読む会はいつも比較的男性のほうが多いので、いつもと少し違った雰囲気で楽しかったです。
名台詞が流れるように次々出てくる「シラノドベルジュラック」に始まり、
M川さんとO田さんのオリジナル台本を皆で読みました。
今回のお題は「歌」ということで、2作とも全然違った「歌」の使い方で非常に興味深かったです。

より、驚いたのは、
戯曲を読む会の後の呑み!
いつも目黒の天狗で皆で呑むのですが(裏戯曲を読む会とも言われています)
なんといつも注文する数々の料理が小さくなっていること!
カリカリじゃこサラダはお皿も半分くらいの大きさに、焼き鳥の盛り合わせは分量が極端に減っていました。
カナシー!
こんなところであらためて不況を実感してしまったのでした。

回の戯曲を読む会は3月18日(水)、いつもの目黒区民センターです。
皆様のお越しをお待ちしております。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/02/22 22:02】 | お芝居のことぉ | トラックバック(0) | コメント(0)
こんにゃく座のオペラで大感動の巻。
090211_1132~001
犬、オンンザすのこ。

週、パブリックシアターに、オペラシアターこんにゃく座の新作「ネズミの涙」を見に行ってきました。
初日に。
いやぁ、大感動しましてぅわぁっ!(←感動のあまり日本語もおかしい)
この感動はUの結婚式以来かも。
あたし後半泣きっぱなしで、ポケットティッシュ使い切ってしまいました。
演劇見て泣くことってそんなにないのですが、曲の素晴らしさも手伝って号泣。
客席のあっちこっちから涙をすする音が聞こえていましたよ。

年、「焼肉ドラゴン」で演劇賞を総ナメにした鄭義信さんの新作書き下ろし・演出で、
面白いに違いないとは思っていたけど、まさかこんなに笑って泣ける名作だとわっ。
舞台はネズミの世界で、一家で出し物しながらをして各地を回っているテンジクネズミの一家が主人公なのですが、この家族が、もう、とにかく見て!
といっても本番3日間だけだったので、もう終わってしまいました。
でもきっと旅公演とかあるに違いない。きっとあなたがお住まいの地域にも来るに違いない。
特に中高生のお子さんがいる、あなた!親子で観劇。これ、オススメ。

ンジクネズミ、ドブネズミ、クマネズミ、同じネズミ同士で戦争したり、領地を奪い合ったり、
英雄になったり、死んだり、愛したり、家族が増えたり、減ったり、
実にいろんなメッセージが込められた作品でした。
登場人物はネズミのみ。なので小道具とか全部すごいでかい。
Oさんのおっかさん最高っす!涙ちょちょぎれました。

りに駅のホームで私より少し若いくらいの女の子が
彼氏かお友達に携帯で話していて、彼女も「ネズミの涙」を見た帰りらしく来た電車を1本見逃してまで熱く語っておりました。
わかります!その気持ち!わたしは彼女の手にギュっと握手をした、気持ちでした。
良い作品に出会うと多くの人に見てもらいたくなるよね。
わたしも思わずお友達にメールしてしまいましたよ。
あなたの街にネズミたちが来たら、是非見に行って下さい。
【2009/02/19 23:32】 | お芝居のことぉ | トラックバック(0) | コメント(2)
レトロ広告。
090209_1524~002
昔の口紅広告。この女性怖い。
眉毛ないし、なんか商品名のフォントも怖い。
こんな口紅買いたくないよう、と思っていたら

090209_1523~001
2年後に発行された冊子から同社の広告発見。
進化してます。昭和20年代後半くらいのものです。
「あの広告は怖すぎる」って昔の人も言ってたのかな。
【2009/02/19 23:27】 | 骨董品など | トラックバック(0) | コメント(5)
あらためて貧乏を思い知るの巻。
日はヴァレンタインでしたね。
わたしはせっかくだから手作りに挑戦してみようとガトーショコラを作ってみたのですが、
(といっても材料混ぜて焼くだけ)
ハートの形が見事にヒビワレていて、不吉な感じに仕上がってしまいました。
相方は全然食べてくれないのでわたしが一人で食べております。

近、二人暮しにも慣れてきて、なんだかんだで毎日不足なく生活できてきているので、
「貧乏、貧乏って言うけど、もしかしてうちらそんなに貧乏でもない?」なんて
思い始めていたのですが、そんなのは思い過ごしだったとあらためて思い知りました。

、言うのは、引っ越す前に作ったクレジットカード(親元から出たらクレジットカードが作れなくない身分になるのであわてて作った)の限度額が10万円だったので、
他のメインで使っているクレジットカードからその新しいカードをメインで使うようにしたいので、
限度額を1ランク上の30万円にして下さいと、電話でお願いをしました。
結構電話代の引き落としだったり、ネットで買い物したりと10万円じゃ足りないので。
わたしが今メインで使っている別会社のカードも限度額同じくらいなので、当然審査通るだろうとたかをくくっていたのです。
すると次の日電話がかかってきて
「審査の結果ご希望にお応えできません・・・。」
ガーーン。
ああ、やはり貧乏だった。所詮アルバイト。
ワンランク上には上がれない・・・。世知辛い世の中だのぉ。
【2009/02/15 23:58】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(0)
鬼。
090205_1239~001
なぜか手に「ぼくサトちゃん」と書かれた紙が・・・知ってるよ、あなたは紛れもないサトちゃんです。

日、帰りの東横線の車中でのこと。
わたしはつり革を持って立っていました。
目の前の座席には白髪でぼさぼさの大学教授風の中年男性が座っていました。
その人のかけている眼鏡はレンズが4枚になっていて、2枚の上に小さなレンズが2枚乗っていてその2枚は老眼鏡らしく、パカッとあげることができる代物。
その男性は眼が疲れたのか時々目頭をグリグリしたり、ため息をついたり、
肩をバキボキ言わせたりしながら熱心に本を読んでいました。

たしはその姿を見て、「さすがに大学教授ともなると研究が大変なのね。」と勝手に思っていました。
しばらくするとその人の隣の座席が空いたので、座ると、
その人の持っている本のタイトルが眼に飛び込んできました。
「鬼平犯科帳 21」
お、鬼平犯科帳かよっ!しかも21巻って!続きすぎだろっ!
いや、別に鬼平犯科帳が悪いわけではないんですよ、れっきとした文学?ですよ。
名作ですよ(読んでないけど)。
ただね、その人はいかにも大学教授ないでたちなんですよ。
どうしても「なんちゃら理論」とか「なんちゃら弁証法」とかそういった類の本を期待しちゃっていたわけですよ。
遠く見ながら目頭おさえたりしてまでして、読まなくたって!とそう思わず突っ込んでしまったんですよ。
若干ガッカリしている自分がいるわけですよ。
ああ、このガッカリ、いかにしてくれようぞ。
【2009/02/11 22:36】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(5)
洗濯機を抱きしめて。
DSCF0038s.jpg
回の写真があまりに汚いとチーちゃんがご立腹のためキレイな写真を載せます。
この子は「カワラヒワ」という種らしいです。ほら、こんなにキレイなお顔立ち。

月に我が家の洗濯機が壊れまして、脱水が出来ません。
脱水の最後になると必ず「ピーピー」なって、脱水が完了せず、もう一度脱水だけ押すと、
今度はもう一度水を満タンまで入れて、また最後には必ず「ピーピー」→その繰り返し。

ので最近では手で絞って干したり、そもそも乾かすこと自体をあきらめておりました。
そんな中、わたしは大いなる発見をしました。
それは、「我が家の洗濯機は愛に飢えていたのだ。」ということです。
なぜならば、すすぎから脱水にかけてのちょっとガコンガコン言うときに、
ソッと洗濯機を抱きしめてやると、
なんと最後までスムーズに脱水完了するのです。
ギュッと力を入れすぎてはいけません、ソッと抱きしめてあげるのです。
タイミングも重要です。
このタイミングを逃すと途端に暴れだし「ピーピー」鳴り続けます。
洗濯機にも愛が必要なのです。
でも、抱きしめてやらないと洗濯が完了しないなんて、全自動とは言えないのでは?

DSCF0029s.jpg 最後まで読んでくれてありがとうでやんす。

【2009/02/08 22:48】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(3)
HOT FUZZを見る。
090129_1825~002p
バイト先の看板娘(息子?)チーちゃん。
好きなもの:ワッフル。玉子焼き。
嫌いなもの:オレンジ色。犬の剥製。

VDで「HOT FUZZ(ホットファズ)」という映画を借りてきてみました。
以前TVSラジオでマチヤマさんが絶賛してたのが印象的で。
日本では未公開だったんだけど日本でも公開してって署名が集まって、単館で上映されたやつです。

やー、これ本当に面白いっすね(なぜか敬語)。
まだ見ていない人は是非見てください。
アクション映画なんだけど、ギャグがふんだんに盛り込まれていて、
だんだんサスペンスになっていくんだけど、
とても複線とか細かくてヒジョーに細部まで良くできていてるのですよ。
スタッフが楽しんで作ってそうな感じが伝わってきます。
隠れキャラでケイト・ブランシェットが出ていたのには驚いた(全身すっぽり白衣でマスクもしてるから目しか出演していない)!

たしは見てて、どのシーンがなんの映画のパロディになってるとかは全然わからなかったし、
これまでアクション映画自体、あまり面白いと思えなかったんだけど、
これは本当に愉快!痛快!時間があっという間でした。
絶対アクションなんてやらなそうなおじいちゃんおばあちゃんがドンパチやったり、
ナイフ投げまくったり(しかも牧歌的な田舎のスーパーマーケットで)、本当に面白かったです。
いやー笑えます。オススメ!

【2009/02/02 00:44】 | 本やら映画やら | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
インフォメーション

★戯曲を読む会、現在休会中です。2年後(2015年秋ごろ)か3年後くらいに再開予定です。のんびりお待ちいただけたら幸いです。

戯曲を読む会のHPはこちら

あなたは何人目のお客様?

+15630人

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック