メニュー


みるいとは?
今後の予定
戯曲を読む会参加者募集
戯曲を書く会参加者募集
自作絵本1
自作絵本2
日記

プロフィール

かず

Author:かず
1月23日静岡生まれ・横浜育ちのメス。
役者としても古物商としても半人前。舞台出演多数。
最近はもっぱらネットでの自分の店の運営に夢中♪

戯曲を書くのが好きで、色々なジャンルの戯曲を声に出して読もう、という「戯曲を読む会」を定期的に行っています。

詳しい芸歴はこちら
メールはこちら

最近の記事

最近のコメント

ブログのカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

12 | 2009/01 | 02
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
みるいというのは私の生まれた地、静岡県の言葉で「青い、未熟だ」という意味です。いつでもみるい、そんなアタシのページです。コメント気軽に書き込んでね♪
タミフル的まどろみ。
のすぐそばに回転そば屋があって、(回転寿司の台に色んなそばやうどんが乗っている)
カウンターの中にはげだるげなわたしより少し若そうな黒髪の女の子が座ってタバコをふかしていて、
わたしは彼女がもうじきこの仕事を辞めるのを知っていて、
わたしはじきに母と一緒にこの仕事をしなくてはならないことを知っていて、
やる気のなさそうな彼女から回転そばの仕事について説明を受ける。

がて大きなダンボールを持たされて、わたしは映画館に行く。
従業員通用口から複雑な近未来的な建物に入り、あー、ここはわたしがバイトしていた映画館だと気づいて、
箱を抱えたまま扉を開けると、そこはわたしが通っていた高校で、わたしは制服を着ている。
どうやらだれかに追われているのだと気づき、後ろを付いてきていたUが、
わたしが持っていたはずのダンボールを抱え、
「わたしはこっちから行くから。」と急いだ様子でドアの前を素通りしていく。
わたしは急いでそのドアを明け、外に出ると、なんだ2階、1階と繋がっているのかと気づき、
遠くの校舎へ行くかと見せかけて同じ校舎の1階へ移動する。
1階の渡廊下へ出るとユミユウがいて、ユウちゃんは遠めでダンボールを抱えたUを発見し、
すごい勢いで助けに行く。
わたしのすぐ隣では上下白い格好のボクサーが大きな赤いボクシンググローブを付けていて、
グローブをはめたまま、ブーツが履けるんだぜと赤いブーツにヒモを通していて、
その周りを男の子たちが群がって歓声を上げている。
それを見ながらわたしは「わたしはもっと良いブーツ持っている。」と思う。

るとユミちゃんが「先輩、森本レオってレスリングのチャンピオンなの知ってます?」
と言ってくる。
森本レオ、ってあの森本レオ?ってわたしがゆうと、
「そうです、あの森本レオですよ、見えないですよね。」てユミちゃんがゆう。
すると廊下の遠くから森本レオがやってきて、私たちの横でコートをバッと脱ぎ、
赤いレオタードのようなものの下には予想通りのガリガリの体があり、あ、ブリッジをした。
するとあのナレーションのか細い声とは対照的なド太い大声を上げながら、
ブリッジしたまま腕を組み、地面につけている頭を中心にグルグルと回る。

んな夢を見ました。インフルエンザのせい?それともタミフル?
熱は下がったのに、ものすごい体がダルイこのごろです。
【2009/01/27 13:26】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(5)
とんだ誕生日。
生日である23日の朝、熱が突然、39度まで出てしまい、
お友達からいただいた「誕生日おめでとう!」というメールや、
留守電に吹き込まれたバースデーソングを聞きながら、
朦朧とする意識の中で誕生日が命日になるかもしれない、
今日死んだらみんなの記憶には永遠の29歳で残るのだわ
などと考えとりました。

日の朝熱が少し下がってきたので病院に行ってきましたらインフルエンザの烙印をおされました。
窓口でわたしが受付の看護婦さんに、
「風邪かなと思うのですが、昨日熱がいきなり39度まで出てしまい、」
と言った瞬間、
「ちょっとこちらへ。」
と小部屋へ連れて行かれ、待合室からも隔離!
わたし昨日、誕生日だったんですけど!そんなこと言っても聞いてもらえそうもないので個室でぽつんと待機。
引っ越したため初めて行く病院だったので、住所とかアレルギーあるかとかアンケートのような紙に記入しているときに、初めてわたしは書きました。
「年齢 30歳・・・」
まさか初めて30歳と書く日がこんなにも早く、しかもこんな場所で書くことになるとは思いもしませんでした。

ンフルエンザ検査した後もその小部屋へ連れて行かれ、
お会計の際も、まるで囚人にご飯を持ってくる看守のごとく、マスクをした看護婦さんが領収書とお金を乗せるトレイを持って、こそっとその小部屋へ来てくれました。

んだみそじの幕開けです。
噂のタミフルをたくさん処方してもらい、
どんな幻覚もかかって来いや~!とちょっとドキドキしながら待っていましたが
今のところどんな幻覚も現れておりません。
ただ生きてることに感謝しろ、そんな神様のお告げなのかもしれませんねぇ。
【2009/01/25 12:56】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(3)
今年の初観劇。
090119_1205~001 「世知辛い世の中だねぇ。」

イトも減ってしまったことだし、せっかく時間が作れるから芝居を見に行こうと思い立ち、
その前の夜なぜか野田秀樹が夢に出て来たので、
「これはパイパーを見に行けと神様が言ってる?」と思い、
ちょうど上演中の野田マップ公演「パイパー」を観に渋谷まで行ってきました。

日券を並ぶ覚悟でいたら、出演している友人がその日の公演のチケットをとってくれたので
並ばずにすみました。
しかもお金がないない言っているわたしのために「コクーンシート」(両脇の安い席)をとってくれたのです。
わはーい。
しかもコクーンシートの中でも一番奥の席(A席のすぐ隣)でしたのでとても見やすかったです。

しぶりに見た野田マップの新作は、最初は「半神」を彷彿とさせ、最後は「赤鬼」を思い出しました。
宮沢りえさんが、最初彼女とは思わないくらい違った印象で、
枯れた声も見事に役にはまっていたなと思いました。

しぶりに行った、渋谷。
渋谷がこんな若者だらけの雑多な街だということをすっかり忘れていて、
なんの先入観も持たずに行ったものだから危うく足元をすくわれるところでした。
なんだあのマツキヨの数は。
そしてスクランブル交差点の映像にくぎづけ。
それは多分我が家にテレビがないせい。
あんなに大きなスクリーンがあちこちにあり、めまぐるしく変わっていくのだもの。
そしてその交差点で信号が変わるのを待っている間、妙なダサ感を感じました。
韓国に行ったときに妙に日本の真似をしようとしている町並みが見えて、
少し恥ずかしく感じたのと似た感覚。
「なーんだ、日本だってニューヨークを真似しようとしているだけなのね。」
そんな風に感じました。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/01/19 22:57】 | お芝居のことぉ | トラックバック(0) | コメント(0)
ガランドゥ。
090113_1021~003

の写真、どこの舞台?ノンノン。
どこの稽古場?ノンノン。
昨日までバイトしていた家具屋でございます。
商品を全部撤去したらこんなに、演劇やるのに最適な空間になってしまいました。
舞台のバラシと違って、あっという間に片付いて驚きました。
こんなに広かったのね、ここ。
これまでオープニングスタッフで勤務したことはあったけど、クローズジングスタッフ(そんな言葉あるかな?予期せずのクローズだけど・・・)は初めて。
やっぱりどことなく淋しいですね。。。
とんだ1年の幕開けだなぁ。
でも占いの夜とわたしは今年、最高の1年になるらしいのでやりたいことはなんでもやろうと思います。
さあて、まずは久しぶりに芝居見にいっちゃいますかっ。
【2009/01/13 22:24】 | 仕事近況 | トラックバック(0) | コメント(0)
ついに閉店・・・。
090112_1710~001

イト先のアンティーク家具屋が今日をもって閉店しました・・・。
ああ、わたしも不景気の影響まっただなかね。
明日は早朝から撤退作業が始まります。
シャッターが下りている店や「閉店しました」という紙が貼ってある店を見ると、
「あらーどこも大変ねぇ。」なんて思っていましたが、
まさか自分がそのシャッターの中の人間になる日が来るとは思ってもませんでした。
日本の政治家たちよ、諸君はいったい何をしとるのだーー!
(ってバイト先の店が閉店したのはあまり政治家の責任はないかも?
むしろ高いシェード割ったり、つり銭間違えた人の責任?誰?はい、もちろんわたしです。)
【2009/01/12 23:09】 | 仕事近況 | トラックバック(0) | コメント(0)
今年も年賀状が…。
090105_2138~001p
お正月にいただいた最高に美味しいお菓子たち。
左は北海道のお土産でいただいた六花亭のバターサンド、
右はバイト先でいただいた一見オセチ料理だけど、すべて和菓子!
甘いもの最高!

年のわたしの年賀状は半分くらいの量を投函した後で、友人に「平成19年ってなってるよ!」とご指摘いただき・・・時すでに遅しでした。
去年の年賀状になってしまったのです。
そして今年、2009年は、今度こそ間違いがあってはならないと「平成21年」であることを何度も確認し、投函しました。

して今日(7日)になって、余ったわたしの年賀状を見ていた相方が言いました。
「ここに小さい字で『マザー牧場にて。マザー牧場にて。』って2回も書いてあるのは何?」
え?
そんなに書いた記憶はないっす。
確かに今年は丑年で、
わたしの年賀状は秋にマザー牧場へ行った時の写真をふんだんに取り入れたオリジナリティーあふれる(?)もので(ソフトもなくモデム故障でネットもつながらずワードだけでコツコツ作った)もので
最後に「マザー牧場にて」とは書いたけれど。

われたように、よーーく見てみるとわたしがプリンターのヨゴレによるものと思い込んでいた左隅の黒い線が、
それは黒い線ではなく、小さな文字で
「マザー牧場にて。マザー牧場にて。」ってなってる~~~~!
ヨゴレじゃなかった~~~~!!
気づいた人、ごめんなさい。
どこまでマザー牧場をアピールしたいんだっわたし!

いいつつ、初めて行ったららぽーとで、マザー牧場のカフェ発見。
思わずパシャリ。
090106_1329~001
完全にマザー牧場の広告塔だな、オイラ。

して今年は年賀状もらった人にだけお返しする形にさせてもらいました。
しかも実家に取りにいっているので、だいぶ遅いお返事になってしまっていますが本当にすみません。
相変わらずオッチョコチョイなわたしですが、今年もよろしくです!
来年こそは完璧な年賀状を作るぞ!
【2009/01/07 20:18】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(2)
お正月です。
正月になりました。
正月早々、相方は年越しカウントダウンのライブの仕事で帰ってこず、
正月早々、わたしは風邪をひき、
正月早々、洗濯機が壊れ、
正月早々、外反母趾は痛み、
ですが、幸せです。
同僚で、みるいの公演に出演してくれたKちんは大晦日に盲腸が破裂し、入院。(命に別状なくて本当に良かった!お大事にしてね!)
新聞では今年もお年寄りがモチをのどに詰まらせ他界。
そんなことに比べれば、風邪や外反母趾の1つや2つ、幸せです。

RIMG0488.jpg

詣は、野毛の伊勢山神社に行きました。初めて行きましたが大きすぎず、小さすぎず、よいお宮さんですね。
おみくじは「吉」でしたよ。

年も良い1年になりますように!!
それにしてもなぜ、お年寄りがモチをのどに詰まらせ他界しても、「モチをなくそう!」という声は上がらないのか。
ねぇ、こんにゃくゼリーみたいに。
【2009/01/05 09:35】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(3)
| ホーム |
インフォメーション

★戯曲を読む会、現在休会中です。2年後(2015年秋ごろ)か3年後くらいに再開予定です。のんびりお待ちいただけたら幸いです。

戯曲を読む会のHPはこちら

あなたは何人目のお客様?

+15630人

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック