メニュー


みるいとは?
今後の予定
戯曲を読む会参加者募集
戯曲を書く会参加者募集
自作絵本1
自作絵本2
日記

プロフィール

かず

Author:かず
1月23日静岡生まれ・横浜育ちのメス。
役者としても古物商としても半人前。舞台出演多数。
最近はもっぱらネットでの自分の店の運営に夢中♪

戯曲を書くのが好きで、色々なジャンルの戯曲を声に出して読もう、という「戯曲を読む会」を定期的に行っています。

詳しい芸歴はこちら
メールはこちら

最近の記事

最近のコメント

ブログのカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

06 | 2007/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
みるいというのは私の生まれた地、静岡県の言葉で「青い、未熟だ」という意味です。いつでもみるい、そんなアタシのページです。コメント気軽に書き込んでね♪
ピーちゃんが来た!
070729_1108~001.jpg
ピーちゃん。

イト先のオーナーはパンチパーマで、一見ヤクザのような風貌です。
そして自分の名前に「鳥」がつくという簡単な理由から、たっての鳥類愛好家です。
人間より、鳥のほうが大好きのようで、近くの木に鳥が止まっていれば、なんていう種類で、どういう特徴があるのかを説明してくれます。

のオーナーが先日、ヒヨドリの雛を拾ってきました。
元気がよすぎて、巣から落ちてしまったらしく、近くの電線に止まらせてもすぐにポトッと下に落ちてしまうんだって。
カラスに食べられちゃかわいそうだ、と拾ってきたわけ。
紙箱にいくつか空気穴をあけたものが、ピーちゃんのおうちです。
お腹がすくと「ピーピーピーピー」鳴きます。
箱の蓋を開けるとびっくりするくらい大きな口を開けます。
そして私の顔をものすごい見ます。
私が右に顔をやると、ピーちゃんの目は右に動きます。
私が左に顔をやると、ピーちゃんの目は左に動きます。
とてもかわいらしいです。

クザのようなオーナーが、30分おきにスプーンで「ピーちゃ~ん」と甘い声でささやきながら、エサを与えます。
おやつのエクレアまでピーちゃんにあげてしまいました。(クリームの部分だけ)
ピーちゃんはエクレアも美味しそうに食べていました。
オーナーは孫が生まれたばかりなのに、孫には全然会いに行かず、ピーちゃんと遊んでばかりいます。きっと前世が鳥だったのでしょう。

物はなんでもちっちゃい頃は純粋で、吸い込まれそうな瞳をしているものですね。
ヒヨドリは大人になるとなかなかの大きさになってしまうらしく、
自分でエサが食べられるようになったら、寂しいですが、放す予定です。
【2007/07/30 23:15】 | 仕事近況 | トラックバック(0) | コメント(2)
ワークショップ2日目。
ーストラリアの演出家、シンベリン・ビューラーのワークショップ二日目。
一言、とっても楽しかった!!
出会ったばかりの人たちと「宇宙」を感じちゃうんだぜ?
「宇宙」って書くとなんか宗教っぽいけど、たまたま思い出話をみんなでしていくシアターゲームのようなものをしていて、
終わった後で、シンベリンが
「今のみんなの話で根底に共通していたものはなんだった?」と行った。
私たちは「夏の話から海になって、自然とか子供時代、お母さんの話になって、ちょっとミステリアスな方向にいったよね。お母さんの話でも変なこととか、気持ち悪いこととか、怖い体験とか、それから・・・。」
などと話し合いは続き、すぐに私たちは満場一致で「宇宙!」と結論づいた。
たった10分かそこらの初対面の人たちとのゲームで全員で「宇宙」を感じてしまったよ。なんて壮大な!

れから色んなシアターゲームも面白かったんだけど、たくさんある絵や写真から好きなものを選んで、グループ組んで集まった絵からストーリーを作って語る、という作業がとても面白かった。
また、その後、他のグループが作ったストーリーを芝居仕立てに皆で短時間で作っていく作業がとっても目からうろこで、
小さなことの中に、とても大切な、例えば演者同士のコミュニケーションであるとか、アンサンブルであるとか、演出的な空間の使い方等の用法までふんだんに盛り込まれていて、とても面白かった。
また参加していた人たちもとても面白く、優しい人たちばかりでよかった。
シンベリンのワークショップは皆が皆を認め合う、やさしくなれる芝居作りだったので、余計に周りの皆が優しく、素晴らしく思えたのかもしれない。
こんなにすべてに「YES」と認め合い、進んでいく芝居作りはなかなかないのではないのだろうか。
本当に全員が意見を出し合い、みんなで作って発表したんだ。
相乗効果ってすごい。
私はこれまで、「まず台本がなきゃ」「台詞をしゃべろう、聞こう」という芝居作りが多かったので、まったくそんなことおかまいなしな芝居作りでとても新鮮な驚きがたくさんあった。
またシンベリンのワークショップがあったら受けてみたい、と思った。
【2007/07/30 22:59】 | お芝居のことぉ | トラックバック(0) | コメント(0)
お茶と演劇。
間は先月から行っている、月1のお茶体験。先生の季節にまつわるお話や、使うお道具についての話がとても面白い。
1ヶ月ぶりで、もう箸の持ち方も忘れてしまっていた。
ネットで「お稽古用のお茶道具を売ってます」といいながら、お扇子や懐紙など一切持たず、手ぶらで参加してしまった!なんら説得力なし。
この会は朝から始まって、お昼ご飯のお弁当を食べ(これが美味しい。京風のお弁当)、濃茶、薄茶両方飲める贅沢な会。
しかも初心者でもお茶たたせてもらえるし。少人数で調度良かったなぁ。

18時から中野で、オーストラリアの演出家シンベリン・ビューラーのワークショップに参加。
外国の演出家のワークショップは初めて受けるので興味津々。
言葉なんて全然いらないなぁ、と実感。むしろしゃべる言葉(台詞)はまったく必要ない、邪魔ですらある。
身体表現や色んな音を出したくなる、そんなワークショップ。ステキ。
英語ですが、もちろん通訳の人がいてくれます。(その方も一緒に参加もしてた)
参加してる人も色々で、とても楽しい。久しぶりにいっぱいワクワクしちゃった。
【2007/07/28 22:23】 | 習い事のことぉ | トラックバック(0) | コメント(0)
こういう鞄があったらいいな。
kaban2.jpg

肩こりの人にオススメ!マッサージ器と一体になった鞄。
鞄に入れるものの重さで、マッサージの強さも自由自在。
鞄を肩にかけて持つだけで、コリがほぐれるナイスなかばん。
誰か、作って。
【2007/07/26 14:28】 | ベスト・オブ・ブログ | トラックバック(0) | コメント(2)
24歳まで生きたネコ。
070715_1456~001.jpg
ハートがいっぱいぶら下がっていたよ。

浜市中区にある電気店の看板猫「カーさん」がお亡くなりになったそうだ。
24歳まで生きたらしい。
実際見に行った母の話では、たくさんお花が供えられていたそうだ。
私が習っている日本舞踊の先生のお師匠さんのところの猫は18歳まで生きたそうで、それでもかなりのご長寿だと思ったけど、24歳はすごいね。
きっと化け猫になっているね。
詳しくはコチラ
【2007/07/26 12:38】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0)
書く会や読む会がありました。
070718_1343~001.jpg
古い映画のパンフで一番多い広告じゃないかと思う。「虫くだし」
24日に2ヶ月ぶりの戯曲を読む会が終了しました。
集まっていただいた13名の皆様、ありがとうございました!
この日は、T田さん(色々ごめんなさい!!!)、M川さんと、Dさんと、Oさんの作品を皆で声に出して読みました。
和室のお部屋だったので、いつもと違った雰囲気で、風流な感じがしたのは私だけ?
遅刻してすみませんでした・・・。
主宰なのに・・・。
選挙の期日前投票寄ってる場合じゃあ、なかった!
次回は来月22日水曜日、目黒区民センター、第1研修室です。
お待ちしております★
【2007/07/26 12:29】 | お芝居のことぉ | トラックバック(0) | コメント(0)
さよならお茶碗
070720_2227~001.jpg

学校5年生の春休みに、わたしは初めての引越しを体験した。
それまで11年間生活してきた矢向に別れを告げ、今の旭区に引っ越した。
それまでとても地味で、人に合わせることしか考えていなかったわたしが、
クラスのとてもゆかいな女の子たちのグループに入れて、とても学校が楽しくなってきていた時だったので、わたしは引越しがとても悲しかった。
出来ることなら引っ越したくなかった。

の時、仲良しだったウエチャマというあだ名の女の子からもらったのがこの「みんなのター坊」という当時流行っていたサンリオキャラクターのお茶碗。
とても気に入っていて、今日まで使い続けていたのだが、ついに今日落として割れてしまった。
さよなら、ウエチャマ。
ウエチャマ、みんなの人気者で実はわたし、とても憧れていたのよ。
引っ越してから一度も連絡とっていないけれど、元気にしてるかな。
【2007/07/20 23:38】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(0)
脊椎矯正院。
070718_2122~001.jpg
ひろみちゃんからアイマスクをもらいました。
070718_2125~003.jpg
わたしもオススメです。ファッショナブルでしょう?
070718_2124~003.jpg
寝る時にも必須アイテムです。

黄昏のメルヘン」でご一緒したNさんの紹介で、脊椎矯正院という病院に行ってきました。
一番の悩みは外反母趾。ずいぶん前から痛くて、ペタンコの革靴しか今も履けないし、でももう良くはならないものだとおきらめておりました。
診てもらいましたら、いろんなことがわかりましたよ。

☆体がだいぶねじまがってる
☆後体重がそもそも悪い
☆肺はかたいっぽしかまともに動いてない
☆骨盤は曲がって固まってる→オシリが必要以上にたれている
☆首が回ってない(固まっている)
☆肩が前に出ている
☆胃腸が荒れている
☆顔の骨が曲がっている
☆足が痛い原因は外反母趾ではなく、関節のつきかたと使い方が悪い

ってすごいね。馬鹿に出来ないね。内臓までわかってしまうのはすごい!予想外!
上記の症状も先生のワンアクション(バキボキッとすごい音は鳴りますが)でだいぶ改善されてさらにびっくり。
1時間に1人の予約しか入れない治療院ですので、1時間みっちり診てもらえました。
終わったあと、不思議なほど体が軽くて、自分の足とは思えないくらい、勝手に足がサッササッサ出て歩きやすくなっててびっくりっす。これが正常な足なのね~と思うと、早く正常になりたいと思いました。
「早く人間になりたーい」という妖怪人間ベムの心境です。

に偏っていた重心もしっかり真ん中になったので、O脚かなり治ってしまいました。
しかし骨というのは、ここで正常な位置に戻しても、なにせ20数年間違った方向で使ってきたので、悪い位置にまた戻ってしまうのだそうです。
だから最初は1週間に1度くらいのペースで通って、骨に「こっちが正常な位置なんだぞ」というのを教え込まなくてはならないのだそうな。
するとだんだん、正常な位置でキープできるようになっていうくものらしい。

きらめていた外反母趾(正確には外反母趾ではないそうだが)も、絶対に治ると先生は言っていたので、希望が見えてきてとても嬉しいです。
これまでは足が痛くないような靴探しにかなりの労力と金額を費やしてきましたが、同じお金を使うなら、治すほうにかけようと決めた今日この頃でした。
【2007/07/18 13:33】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(5)
「The Bee」を観た!
田地図の番外公演「The Bee」ロンドンバージョンを昨日観て来ました。
はっきりいってスゴイ!こりゃあ観なくちゃ損だぜ!

たしは10年以上前、高校生の時からノダマップのファンで毎公演楽しみに観にいっていた。
なにせ、見ているこっちは色んな想像力を駆使して見れる舞台はそうないし、あのスピード感は爽快よねぇ。
高校生にシアターコクーンのチケット代を払うのはかなり厳しいものでした。
でも毎回、そんなチケット代なんてふっとぶほどのエネルギーを貰って帰ってきて、次の日演劇部の友達に身振り手ぶりつきでストーリーやノダマップのすごさを一生懸命説明していた。
本当に大興奮していたのだ。

近はノダマップや他のお芝居を観にいっても、何か素直に楽しめなかったり、変に斜めの見方をしてしまったりして実に損をした気分で帰ってくることも多かった。
素直にファン的に楽しめなくてもったいないことをしていた。
しかし、昨日の「The Bee」は正真正銘、高校生の気持ちで最後まで見ることが出来、
昔のようにものすごいパワーを貰って、大興奮で帰路につくことが出来た。
脳ミソからアドレナリンがでまくって、相鉄線の急行の駅が住んでいる最寄り駅なのに間違えて各駅停車に乗ってしまったほどだ。
16年も住んでて、各駅に乗ってしまったのは2回目だ!(うちは各駅は止まらない駅なのです)

づいた時には日本バージョンはチケットが完売しており見ることが出来ず、わたしが観たのはロンドンバージョン。
だが、これが良かった。
知っている役者さんがいないせいで、ものすごく素直に、よそ見することなく集中して入り込めたし、
井戸の役のキャサリン・ハンターという女優さんがすごい!本当に怪物だ!
あたしはどの人がどの役をやるかよく知らず観ていたので、ずっと「噂のキャサリンという女優さんはいつ出てくるんだ。なぜ妻の役を野田が?キャサリンは病気で今日は出られないのか?」と思って観ていた、本当に!
そしたら最初からずーっと出てたのよキャサリン!
主人公の日本人サラリーマン、井戸の役で!
あたし絶対このちっちゃい人、男だと思ってみてたもの。ちっちゃくて面白い役者さん見つけてきたなーって思って見てたら、
中盤の、朝になるシーンでキレイな照明が当たって、顔をよく見てみたら、あれ、キレイな顔。もしや女性?え、これ、まさか、キャサリン?ってなって。

ょっとー、ブログじゃこの興奮ぶりがうまく伝わらないと思うのよね。
是非、観て「The Bee」。ロンドンバージョン、すっごいいいよ。字幕出るけど、ほとんで見なくて大丈夫だし、話は単純だから。
いつもの言葉遊びとかあまりなくて、それがまた今回はうまくいってるから!
あー、日本バージョンも観たかったなぁ、なんせ主人公の井戸を野田秀樹がやってたんだものなぁ、見たかったなぁ。
でもロンドンバージョンのほうが面白いんじゃないかしら。
【2007/07/16 12:50】 | お芝居のことぉ | トラックバック(0) | コメント(2)
お盆だから
盆だからお墓参りに行こうと、数日前から母と言っていた。
しかし、約束の日の今日、朝起きると母が
「お盆は霊が家に帰ってきてるのに、なんでお墓参りに行くの?」と言い出した。
お墓に行ったって、今はカラッポのはずだと。
そう言って母は今、昼寝をしています。イビキかいてるよ。

070713_2304~002.jpg

紫のバラの人と読んでいるY氏からケーキが届いた。わーい。
070713_2305~002.jpg
いただいてまーす。
【2007/07/16 12:28】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(0)
すごいページ発見。
木かずみのホムペを発見!
こちらをクリック。
しかも応援歌まで!
今度から名前を本名の記載に変えることにして良かった!

こんなページも発見。
こちらをクリック。
花粉症のこと私が聞きたいですよぉ。教えて、同姓同名さん。

報告。
先日、所属していた事務所を正式に辞めました。
これまでたくさんお世話になった事務所の方々本当にありがとうございました。
そして、これからも何かありましたらよろしくお願いいたします。
あたしはこれから舞台の仕事やオーディション情報がもらえる事務所に移る予定です。
(今までは映像や声の仕事がもらえる事務所でしたので)
引き続き、頑張りまっす。
変わらぬご支援・ご鞭撻よろしくお願いいたします。
【2007/07/15 00:25】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(4)
馬と牛。
070714_2003~001.jpg

はお盆ですが、我が家の仏壇に写真のような馬と牛の置物が供えてありました。
これは何かと母に聞くと、
「霊が馬に乗ってうちに帰ってきて、牛に乗ってあの世へ帰る」のだそうだ。
なぜ、帰りは牛に乗るのかと問うと
「行きは急いでいて、帰りはゆっくりで良いから」だそうだ。
なぜ牛なのだ、ゆっくり帰りたかったら亀に乗れば良いではないかと問うと、
「わからない・・・」
ううむ、気になる。
が、考えてみればきっと答えは
「亀では遅すぎるから。」であろう。
【2007/07/15 00:09】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(2)
地球温暖化を考える。
070713_1506~001.jpg
バイト先の近くのパスタ屋のお姉さんが作ってくれたムース。美味でした。

日、久しぶりに日本舞踊のお稽古に復帰しました。
その帰り、関内駅へ向かう途中、自転車に乗ったおじさんと、徒歩らしきおじさんが接触したようで口論していた。
お前が悪い、みたいな感じで罵り合ってしていた。
罵り合いは不快だ。あさましい。

うに、このケンカの原因は「蒸し暑さ」ではないだろうか。
最近のムシムシした暑さは人をいらだたせます。
もし今日が大雪で気温0度近くだったら、接触してしまったおじさんたちもここまで大声でケンカしないのではなかろうか。
寒いから早く家に帰りたくなるのではなかろうか。

さは人をイライラさせる、ということは、
地球温暖化で地球人はだんだんイライラしてくるのではなかろうか。
神様は、地球人をイライラさせて戦争させて滅ぼしたいのかな。
怒りっぽい地球人、いやだなぁ。
優しくなりたいなぁ。
だったらやっぱり地球を涼しくしないといけないなぁ。
とわたしなりに考えた夏の夜でした。
【2007/07/13 23:34】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(6)
バベルを観た。
070712_1948~001.jpg
大好きなさばの味噌に定食。
うやく映画「バベル」を観ました。テアトル銀座で。
長い名前でまったく覚えられないアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の作品です。
前作の「21グラム」でいたく感動したわたしは、とっても期待していましたがなかなか見に行く時間がなくようやく見れました。

ろんな意味で、考えさせられる面白い作品だと感じました。
「21グラム」や「アモーレス・ペロス」のような感動と衝撃はなかったけれど、観終わったあと、ずっしり重くて、あとからジワリジワリと口に出して話したいことがワンサカでてきました。
総じて、とても印象が強い1本には違いない。

の映画は、モロッコ、メキシコ、日本が主な舞台になるのだけれど、日本は「日本でなくてもよくね?」って思ったのはわたしだけでしょうか?
なんだか外国の景色を観ているようでした。
わたしが日本の現実世界に目を向けていないからそう見えたのでしょうかね?

21グラム」や「アモーレス・ペロス」と比べて多くの人に焦点を当てているので、なんだか薄い。もっとこの人とこの人の関係を知りたい!っていっぱい思ってしまいました。
私は日本のメロドラマのようなエピソードはいらないから、アメリカ人夫婦の関係やいきさつ、モロッコの家族の関係やその背景をもっと知りたいぞっ!と思ってしまいました、その2。
まぁ、銃をめぐるストーリーだから銃の所有者だった日本の話も必要なのはわかるけんどぉ。。。と思ってしまいました、その3。

てない人には「なんのこっちゃ」ですよね。
「なんのこっちゃ」な人には申し訳ないけれど、もうひとつ言わせて。
アメリカ人夫婦は結局命助かったし、希望がある。
乳母のアメリアさんは、強制送還になったけれど命はあるし、子供2人は無事だったし、国に戻れば息子もいるし、まぁなんとかなるだろうと思えば、希望がある。
役所広司と菊地凛子親子も最後は親子の絆が少し見えてきた感じに終わっていて、希望がある。
メキシコで逃亡中のアメリアの甥っ子は希望はないけれど、
この映画で一番希望がないのは息子は殺人未遂を犯し、別の息子は撃たれて他界してしまった、このモロッコの父親じゃないっ??
しかも娘と息子は変態だと発覚してしまった!
もう希望も何もないよね。自分が買った銃のためにこんな大惨事になってしまって後悔しようにもしようがないよね。
だからわたしは言いたい!この一番哀れなモロッコの父にもっとスポットを当ててあげて!と。
息子たちのエピソードは少しはあるけれど、父がどういう人なのかどういう生活なのかとかもうちょっと入れて!

っとこのモロッコの父は貧乏暮らしでなきなしの金で買った狼を追っ払うためのライフルを、不用意に息子に預けてしまい、相当後悔しているはずだよ。
毎日アラーの(?)神にお祈りしていたのに、もう神様なんて
信じられなくなってるよ。絶対。

くなってしまいました。ぜひ映画館で見てほしい映画です。
次に今、観たい映画は『ボルベール<帰郷>』です。去年末にニューヨークに行った時にやっていた作品で、とても楽しみにしていました。
こちらはペドロ・アルモドバル監督で同じく長くて覚えにくい名前です。
長い名前の監督が好きらしいわたし。
【2007/07/12 21:57】 | 本やら映画やら | トラックバック(0) | コメント(4)
毛抜け薬。
になると毎年悩むこと、それは「自分の毛深さ」です。
私の場合は夏に限らず、年中悩みの種でもあるわけですが、ことさら夏は手足が出る可能性が高いので(わたしは暑くても極力隠すけれども)。

ろんな除毛剤を試してみたり、友人からエステでの脱毛の話を聞いたりして、わたしなりに研究は重ねているわけですが、
思うに、
「中国などでは毛生薬が有名なのだから、毛生薬があるってことは毛抜薬だってあるはず。」

んなにいろんなメーカーから育毛剤やら毛生薬があるってことは、毛抜薬を作ることも難しいことではないのではないかと、思うわけです。
だって、
毛生薬の逆を作ればよいのだから。
毛抜薬はこれまでの脱毛や除毛剤とは違って、薬を塗るだけで、毛が抜け落ちるのです。
きっともうどこかで完成されているはず。
中国ではもしかして闇で流通しているかもよ?
コソッとわたしに1つちょうだいな。
【2007/07/11 22:58】 | 心理近況 | トラックバック(1) | コメント(0)
労働嫌い。
居がひとつ終わると、いつも同じような状態になります。
体が重い。働きたくない。更年期障害のような倦怠感。
しかも自宅で仕事をしているので、サボろうと思えばいくらでもサボれてしまうわけです。
今もこうやって、サボっているわけです。
ああ、腰が重い。
お金持ちになりたい。はああ。
よっこらっしょと。(腰を持ち上げた)
【2007/07/10 12:15】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(2)
お騒がせゴンちゃんと美輪様。
RIMG0003.jpg

古中に、ゴン様がご飯をまったく食べなくなる日が続いて、初めて動物病院に行きました。
初めて犬や他の動物たちに会ったり、診察されたりしてストレスもたっぷり溜まってしまったゴンさまでしたが、
おかげさまで薬の効果かご飯も食べられるようになりました。
時々ヨダレがだらだら出てますが、すっかり元気になりましたよ。
ご相談した柴犬さん、Oさん、ありがとうございました!

たしのほうはというと、今回の稽古中から腰やら親指の骨やら痛めておりまする。
時間できるし、病院でも行こうかなぁ。

回の公演では楽屋で必ず美輪明宏の話題が不思議とでてました。しかも毎日、開演30分ほど前になるとかならず「美輪様」の話になるのですな。
なんでも「美輪様」を携帯の待ち受けにすると願いが1つ叶うという話になったのがことの発端です。
演出助手のAさんが出演者の一斉メールで「美輪様」の画像を添付して送ったほど、「黄昏のメルヘン」女楽屋では「美輪様」の話題が持ちきりでした。
オーラか。ふうむ。
オーラが本当にあるのかどうかはわからないけど、願いが叶うなら待ち受けにしてみようかしら、美輪様の。
【2007/07/09 22:05】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(2)
ひふぅー
日無事に「黄昏のメルヘン」千秋楽を迎えました!お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
今回はほんのチョッピリの出演でしたが、スタッフの仕事もやったりして色々勉強になりました。
出演者みーんな演劇が大好きな人たちばかりで、随所で「愛」を感じる公演でしたよ。
高校の頃から大好きな劇場、紀伊国屋ホールの舞台に立てて嬉しかったっす。

070707_1821~001.jpg

楽屋の面々。
昭和レトロな衣装で楽しかったです。久しぶりにオデコ全開。久しぶりにモンペ女優復活。
面白い人たちばっかりで楽しかったなぁ。
もうあの愉快な仲間たちに会えないかと思うと寂しい。。。
070708_1358~001.jpg
女生徒2名。なんちゃって学生。

たこれから現実生活に戻ると思うと気が重いです。
働きたくないわぁ。
今日久しぶりにテレビを見ました。知らないCMばっかり。
世間ではバーゲン真っ最中なんですってね。
すっかり浮世離れしてしまいましたよぉ。
【2007/07/09 21:37】 | お芝居のことぉ | トラックバック(0) | コメント(0)
折り返し
黄昏のメルヘン」中日を終え、今日から折り返しだ!今日は2ステ。
あたしの出番はほんのちょっぴとだけど、気を抜かないでがんばらねば!
えいえいおー!
【2007/07/07 10:39】 | お芝居のことぉ | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
インフォメーション

★戯曲を読む会、現在休会中です。2年後(2015年秋ごろ)か3年後くらいに再開予定です。のんびりお待ちいただけたら幸いです。

戯曲を読む会のHPはこちら

あなたは何人目のお客様?

+15630人

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック