メニュー


みるいとは?
今後の予定
戯曲を読む会参加者募集
戯曲を書く会参加者募集
自作絵本1
自作絵本2
日記

プロフィール

かず

Author:かず
1月23日静岡生まれ・横浜育ちのメス。
役者としても古物商としても半人前。舞台出演多数。
最近はもっぱらネットでの自分の店の運営に夢中♪

戯曲を書くのが好きで、色々なジャンルの戯曲を声に出して読もう、という「戯曲を読む会」を定期的に行っています。

詳しい芸歴はこちら
メールはこちら

最近の記事

最近のコメント

ブログのカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

01 | 2006/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
みるいというのは私の生まれた地、静岡県の言葉で「青い、未熟だ」という意味です。いつでもみるい、そんなアタシのページです。コメント気軽に書き込んでね♪
SP
先日、イベントの仕事で初めてSPというのをやりました。
SPというのはスペシャルという意味ではありません。

映像とも、舞台とも違う、いや映像もあり、舞台もありという仕事でした
といってもお客様は1000人のお医者様!
しかも一流ホテルでの大きなホールの舞台です。
同時に映像も撮られてるし、大画面でも表示されています。

お弁当はいまだかつて見たことがないくらい豪華!
どれくらい豪華かというと、エビフライにとんかつのゴージャスにアレンジされたやつに、焼肉に、魚2種類に・・・というおかずだけども主役級の奴らが目白押し。まさに弁当会のオールスター!弁当会のWBC!!

控え室でも珈琲やいろんなドリンク飲み放題で、ホテルの人が持ってきたり、下げたりしてくれる

いやー、すごい待遇の良いお仕事で、もう一人の出演者の女優さんとも仲良くなれて楽しかったです
【2006/02/26 21:16】 | 仕事近況 | トラックバック(0) | コメント(2)
久しぶりの再会!
私が参加している戯曲を書く会に、文学座の研究所時代に同期だった2人が見学に来てくれました!

その一人のHくんとは5年ぶりくらいに会い、すっごい懐かしかったです。
髪型はドレッドになっていたけど、中身は全然変わってなくて良かった

主宰のFさんが、2人を見てこう言った。
「2人はラッパーなの?」

Fさんの中では彼らはラッパーの雰囲気なんだそうです。
残念ながら、全否定しておきました

書く会で私が書いている作品もだんだん仕上がりが見えてきました
この調子で頑張るぞっと
【2006/02/25 23:02】 | お芝居のことぉ | トラックバック(0) | コメント(0)
スグリ選手!
昨日今日と日本はトリノオリンピックで荒川選手が金メダルをとったことでお祭り騒ぎだが、私はスグリ選手を応援したい!
4位でメダルこそ逃したものの、それだって立派な記録。

それに何より、私はスグリ選手のスケートに魅了されましたよ。
みんな、荒川、荒川、ミキティー、ミキティーって。
スグリ選手だってすごいじゃない!!

なんで転倒した選手より下位になっちゃうのかしら、納得いかないわ。
プリプリ
【2006/02/25 13:52】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(0)
戯曲を読む会終了!
無事、戯曲を読む会終了しました!
今回も共同主宰の野宮さんが、病欠で寂しかったですが、みんなで盛り上がりましたよ

参加してくださった、Iさん、Kさん、Sさん、Yさん、Aさん、Mさん、Sさん、
2回目の参加のGちゃん、Mくん、初参加のBくん(今度のサマカトで共演)
ありがとうございましたーー

次回はまだ未定です。
来月できるかどうかまだわかりませので、決まり次第、連絡させていただきまっす

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【2006/02/23 22:37】 | お芝居のことぉ | トラックバック(0) | コメント(2)
眼科
久しぶりに目の検査をしたら、なんと私は
網膜剥離
になりやすい目なのだそうだ!

近日中に精密検査予定。
半年に1回精密検査受けるように言われてしまいました。

私のようにド近眼で目の軸が伸びまくっている人は危ないのそうだ。
普通の人より網膜剥離のリスクを背負って生活していることを自覚しなくちゃいけないらしい・・・。

網膜剥離は自覚症状がないらしく、スポーツとかで何かの拍子に網膜剥離になることもあるそうだけど、慢性的に時間をかけて穴が広がっていき、失明にいたることが多いのだそうだ。

おっそろしーーー!
【2006/02/23 14:44】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(2)
ダイエット
060220_1517~001.jpg
目黒五十番の肉まんは普通の2倍くらいの大きさです。


最近、顔がまん丸になってしまったのでダイエットを敢行しよう、というか、間食はやめようと誓ったのに
こんなに大きい、「目黒五十番」の肉まんをおやつにペロリと食べてしまいました。

意思が弱すぎます…。
【2006/02/20 16:56】 | 心理近況 | トラックバック(1) | コメント(0)
ラ カンパニー アンを観た☆
昨日、ラ カンパニー アンの「蛇苦止浜綺譚 gather gently やさしくあつまれ!」を観劇してきました。阿佐ヶ谷のひつじ座にて。

今度私が出演するサマカトポロジーの主宰のロシアが出演しているからです。

以前も別の友人が出演していたので、このカンパニーの芝居を観たことがあります。
そのとき、私はやられましたよ!
すっごいかっこよくってズキューンって心に響きました!
ダンスと芝居が半々くらい。面白いです。
出演は女性だらけで、いろんな動きから想像力がかきたてられて、久しぶりのヒットだったのを覚えています。

だから今回も期待して見に行きました。
やっぱり西山水木さんが私は大好きみたいです。
すっごいパワーがあって
ダンスも素敵でまたしてもズキューンってやられました。
ホント見る側が想像できるんですよ。いろんな思いとか。

でも印象深かったのは、西山水木さんが踊ったりしゃべったりしているところだけだったかも。
ストーリーは以前本多スタジオで見たときのものより、しっかりあった感じがしましたが、疑問がいっぱい残ってしまい、どうも入っていけませんでした。

大分女性目線な芝居だと思うんだけど、男性のお客さんはどう思うのかな?
私は作品書くと大概女性目線に偏り、男性の役者に嫌われるのです・・・

【2006/02/20 13:56】 | お芝居のことぉ | トラックバック(0) | コメント(0)
ウサギの事典!
先日このブログで辞書集めに興味があるって話を書きましたが、なんと!
ウサギの事典をゲット!
060219_1900~001.jpg
じゃなくって、コレ!
060219_1854~001.jpg

ウサギの意味から歴史から種類から飼い方から何でも載っているすごい事典です
いろんな事典があるもんだ・・・つくづく。
面白事典があったら教えてくださいね!
(写真は我が家のアイドル、ゴンちゃんでっす)
【2006/02/19 22:18】 | お気に入りの品々 | トラックバック(0) | コメント(0)
初!宇都宮
月末の仕事のリハーサルで初めて宇都宮に行きました。
もちろん餃子も食べましたよ。
060217_1617~001.jpg


写真はみんみんの餃子。
タクシーの運転手さんがたっぷり餃子情報を教えてくれました!


大きな病院のカリスマ先生にお会いしました!
ついでに診てもらったら、私は肩こりなのではなく、偏頭痛なのだそうです。
仕事とはいえ、新幹線乗って、宇都宮行って楽しかったです!
【2006/02/17 22:56】 | 仕事近況 | トラックバック(0) | コメント(0)
いろんな辞書
先日の戯曲を書く会で、いろんな辞書の紹介があった。
日本語逆引き辞典」、「類義語辞典」、「語彙辞典」、「人名辞典」などなど。
確かに持っていたら作品書くのに便利そうだ。
私なんか登場人物の名前とかもいつも思いつきだもの。「人名辞典」を引けば思いも寄らない名前が見つかるかも!

辞書をネットで調べていたらあるある!いろんな辞書が!

「カタカナ語辞典」、「擬態語辞典」、「感情辞典」、「名酒事典」、「妖怪百貨」、「マジック事典」・・・
もはや内容が辞典と呼べるほど掲載されてないんじゃなかろうかという本まである。

中でも私が欲しいと思ったのは
レトリック辞典」!

内容は「暗示的看過法、隠喩、疑惑法、誇張法、漸層法、パロディなど約100項目の言葉の表現技術を、豊富な文例を引きつつ解読した。」ものらしい。
私は普段の会話でも何かに例えるのがものすごく苦手だ。
これがあれば読めば比喩がうまくなる?

似たようなので「日本語修辞辞典」というのも発見。
お、「人物表現辞典」というのも面白そうだ。
戯曲を書くには持ってこいじゃないか??
早引き類語連想辞典」てのも便利そうだ!

面白そうな辞書がたくさん出版されているんだねぇ。
まずは「日本語逆引き辞典」というのを手に入れようと思う。

チラ見させてもらったら、すっごい面白かった。
単語が逆から並んでるんだ。
たとえば「笑う」なら「う」で調べるんだ。
言葉遊びとか似たようなゴロの単語を探すのに便利。
手に入れたら、また紹介することにしよう。

他にもよさそうな辞書があったら教えてちょだい!
んじゃ!
【2006/02/16 15:08】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(0)
塾の重警備
横浜には「サピックス」といういわゆる優秀な子供たちが通うお塾がある。

今日21時半ごろ、横浜駅でその帰りと思われる小学生の一向に出くわした。
15人くらいの小学生がキャッキャッ言いながら歩いている先頭を見て驚いた。
サピックス」の腕章に、を持った定年退職後であろう高年ガードマンがカッチリと警備にあたっているではないか。

このご時世。21時半とはいえ、子供たちにとっては夜遅く。
きっと親たちからの要請で雇われているのであろうガードマンはピッピッとをふきながら歩を進め、
階段の上にくると立ち止まり、旗を振って一行を止め、
「はい、京急線の人はここでさようなら。」「相鉄線の人はあっちです。さようなら」と旗を振っていた。

私が一行を追い抜いて相鉄線の方へ行くと
新たに、やはり「サピックス」の腕章をつけた高年ガードマンが一行の方へ向かってきていた。
ここで交代なのか、相鉄線組みをまた駅まで誘導するのか。

優秀で、リッチな家庭の子供たちなので誘拐されないように万全の体制でお見送りというわけか。

相鉄線の女性専用車両に乗り込んだ私の隣に、さっきの塾生の少女が3人キャッキャキャ言いながら座った。
3人とも「メゾピアノ」のリュックをしょっていた。
子供に人気の高級なブランドだ。

座ったとたんに3人は携帯電話を取り出し、車内にもかかわらず、当然のように家に電話をしていた。
今、横浜~。うん、微妙~。」
微妙ってなんだよ!微妙って!語尾は伸ばすな!
と私はつっこんだ
どんな大人になるんだろうか。
この少女たちはエリートの階段を上り、いずれ私は
税金払ってください~。微妙~。」とか言われるのだろうか。

守られているのが当然、何も怖いものなんかない、彼女たちはそんな様子に思えた。
(小学6年生未満は語尾は伸ばしてはならないという法律があればいいのに!)
【2006/02/14 23:54】 | ベスト・オブ・ブログ | トラックバック(0) | コメント(2)
鼻差別
昨日ブログに書いた電車でハナ○ソをほじる人の話を友人にしましたら、こんな話になりました。ちょうど電車の中で。

「耳○ソを2駅ほじってる人も嫌だよね。」と。
そしたら、偶然目の前のおじさんが思いっきり耳○ソをほじられておりまして、白いものがパラパラと落ちておりました・・・。

うーーん、これも嫌だ。

目○ソも嫌だし・・・と考えてみると
目○ソや耳○ソは一瞬のホジリならなんら違和感がなく受け入れられる気がするが、ハナ○ソだけは一瞬のホジリであったとしてもものすごい嫌悪感を周りに与える。

これはなぜか?
なぜ耳や目は良くて、鼻はダメなのか??

仮説の一つに「粘着力」が挙げられる。
しかし、目○ソだって粘着力はある。

では何か?
」が出るからか?鼻からは鼻水が出るから嫌悪感も増すのか?
しかし目からも「泪」という水が出る。
もしかしたら、悲しいときに耳からも水が出る人が一人くらいいるかもしれない。

なぜ鼻だけ嫌われなければならないのか。
私は今後も徹底してこの件を追及していきたい。(なんてこれっぽちも思っていない)
【2006/02/13 11:52】 | ベスト・オブ・ブログ | トラックバック(0) | コメント(0)
電車のハナ○ソ
最近すごいイライラしたこと。
それは電車の中で、私の正面に座っているおじさんが思いっきりハナ○ソをほじっていたことだ!

正面に立っている私はいつ、そのハナ○ソが飛んでくるか、気が気ではない。

しかもそのおじさんは周囲の目線をものともせず、人差し指で、2駅もの間ほじり続けていたのだ。
もういいでしょう、鼻血でちゃうよ」そんな私の心配?もよそにまったく視線を気にせずほじり続けていた。
あれは、気づいてるね絶対。見せたいんだね、「俺はそんな視線に屈しないぜ。大和魂さ

とれたハナ○ソを足元へ捨てたり、私のほうへ「ピンッ」て飛ばすのではないかと、目が離せませんでした。

幸い、私のほうへは飛んでこなかったけど、驚いたことが1つ。
そのおじさんの左手の薬指に指輪があったのだ!つまり
既婚者!!
既婚者がそんなことしちゃいかんでしょう絶対!!
せめて絶対恋人いないだろうモテない雰囲気のおじさんならまだ許せるけどさぁ。
いや、それもダメだけどさぁ。
もう!田舎の奥さんは泣いてるよ。(単身赴任中と勝手に断定)


でも私の電車内での居眠りも同じように思われているかも・・・すごい揺れちゃう時あるから・・・
人のふり見て我がふり直せってことかな。
うまくまとめた。教訓で。
【2006/02/12 14:20】 | ベスト・オブ・ブログ | トラックバック(0) | コメント(1)
寒い日は蕎麦に限る。
そば
第1印象が悪くても、話してみたらとっても気の合う良い人だったことはよくあるもので。

私の勤め先の近くに蕎麦屋が2軒ある。
福田屋と松竹庵。
出前を取ることが多い最近
福田屋は人気店。トータル的に美味しいのでいつも出前をとっていた。
来るのが遅いのがたまにキズ。そして時々電話に出るのがおばちゃんだと注文を忘れられる。
松竹庵はいつもすいているらしく、電話すると10分以内にめちゃめちゃ元気なおじさんが蕎麦を持ってやってくる。
だが、具が少ない。当たり外れが激しい。いや、外れのほうが多い

いつも出前をとっていたA店で、またしても注文を忘れられ、1時間たっても来なかったので私たちはキレタ。

そして福田屋から出前を取らなくなって早3ヶ月…。
人間は慣れるもので、いや、いろんな発見があるものでその間、出前をとっていた松竹庵に、実はものすごく美味しいメニューがあることを知った。

写真は「ころもちうどん」超ウマイ!!そばもイケル!!カレーはまずいけど
つまり「今月のオススメメニュー」というやつにしておけば美味しいのだこの店は!
やる気があるメニューとやる気がないメニューの差が激しいのだ
それに気づいた最近は出前だけでなく、食べに出かけていろんなメニューに挑戦しています。
食べてみたらいろいろあるもんだ。
誤解していてゴメンね親父。
【2006/02/10 22:53】 | お気に入りの品々 | トラックバック(0) | コメント(2)
外反母趾が痛すぎる・・・
去年から悩まされている外反母趾
去年バリに旅行に行ったときのみなぜかまったく痛まず、これは治った!バリパワーだ!と思って帰国したらまた痛み出した、にっくき外反母趾
今年の極寒のせいか、逆の足まで痛み出し、新しく買ったスニーカーも3日で断念。
ブーツほしかったのにそれも買えず、いつものボロボロオバサンスニーカーで、足をビッコ引きながら生活しております。
非常につらい。
ネットで調べたテーピングを試したりもしましたが効果が見られず・・・

日本舞踊のお稽古もずっと行けずに苦しんでおります。
【2006/02/10 13:48】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(0)
昔の絵葉書☆
バイト先の骨董屋で昔の絵葉書の販売に最近力を入れています。次の絵葉書は戦中のポスターを絵葉書にしたものです。
060121_1313~001.jpg

戦前のものや、戦中のものなど。どれも資料的価値も非常に高いと思うんだけど、思いのほか高く売れないのはなぜだろう・・・
なかなか同じ絵葉書は存在しないと思うんだけどなぁ。状態も結構いいし。
今は差別用語で禁止されている「土人」や「野蛮人」等のワードがバシバシ書かれていて、時代を感じさせます。

ブログもそういう差別用語バシバシ書いたら、削除されちゃうのかしら?
それともテレビみたいに「ピー」って入れてくれるのかしら。

この文章の上記禁止ワードも皆様には「ピー」って見えてたりして・・・??
【2006/02/08 00:41】 | 骨董品など | トラックバック(0) | コメント(2)
たまに飲むと美味しいよねヤクルト。
060205_2105~001.jpg
昨夜、うちの近辺ではまた雪が降りました。駅降りたら積もっててビックリ
060204_1908~001.jpg

【2006/02/05 21:39】 | お気に入りの品々 | トラックバック(0) | コメント(0)
自作絵本②
昨年秋に描いた、とってもくだらない絵本?をアップしました。左の柱のメニューからクリックしてご覧下さいませ。
本当にくだらないので、暇で暇でどーしょーもないときに見てくださいね。
【2006/02/05 00:25】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0)
宮沢章夫の「ヌエ」を観劇。
宮沢章夫の「ヌエ」をシアタートラム(三軒茶屋)にて観た。昨日。うーん、久しぶりの宮沢章夫芝居。眠い。んが!言葉がより洗練されている印象でスタイリッシュな印象もあり。チェーホフ観てるような感じがしました。
賞とかとっちゃう匂いがするね。いい芝居になりそうな匂いがするね。(何様だ?!)クンクン。

昨日はリーディング公演(台本を持ったままやる)だったから入場料も500円で、来ているお客さんは宮沢章夫ファンか、宮沢章夫の教え子色濃厚だったにもかかわらず、私の周りのお客さんたちは結構寝ている人が目立った。
いいのかしら・・・?(ってわりといつもそう?)

でも
リーディング公演というのは劇場側にとっても、良い企画ですな。
だってこうやって本公演自体は半年くらい先なのに、リーディング公演観た私達が前評判とか言って、感想広めたりして宣伝にもなるし、何より半年先の公演なのに、もうほぼ台本が出来上がっているというのは嬉しいですよね、きっと劇場側は。

にしても私は清水邦男作品好きで、見たり、台本読んでるにもかかわらず、引用されてる台詞・・・気づきませんでしたぜ!ぜんぜん!
言われてようやく、あ、そういえばそうかもって・・・ダメ?
私の記憶力が悪いだけ?
頭の良い人向けの芝居ってことかな、うん。

でも普通のあまり演劇見ないお客さんはそこのところ気づかず観ることになる。
それでいいのかな?
楽しさ半減じゃない?
私それきいて、初めてなんか納得いった箇所ケッコーあったもの。
時代の批判的な視点とか気づかないまま劇場から出ちゃうよ、いいのかしら?
なんかもったいない気がするなぁ。

っとツラツラ感想を書きましたが最後はこれで締めくくり。
えび
帰りに食べたえびマヨ。おいしかったの。
【2006/02/04 15:52】 | お芝居のことぉ | トラックバック(0) | コメント(0)
流行にのって・・・
風邪にやられました。
昨日まで寝込んでしまいました。

でも寝込んだのは実質2日間。
昨日なんとか手がけている脚本もとりあえず、メドを見た!

珍しく抗生物質がきいたわ!
偉いぞ抗生物質!物質なんて失礼ね。もっと柔らかい感じの呼び名はないのかしら?
抗生ブッシツン

どうかしら?ブッシツンなんてちょっと可愛いじゃなくって?色もピンクにしてあげたわよ、ブッシツン。
【2006/02/03 15:18】 | 習い事のことぉ | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
インフォメーション

★戯曲を読む会、現在休会中です。2年後(2015年秋ごろ)か3年後くらいに再開予定です。のんびりお待ちいただけたら幸いです。

戯曲を読む会のHPはこちら

あなたは何人目のお客様?

+15630人

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック