メニュー


みるいとは?
今後の予定
戯曲を読む会参加者募集
戯曲を書く会参加者募集
自作絵本1
自作絵本2
日記

プロフィール

かず

Author:かず
1月23日静岡生まれ・横浜育ちのメス。
役者としても古物商としても半人前。舞台出演多数。
最近はもっぱらネットでの自分の店の運営に夢中♪

戯曲を書くのが好きで、色々なジャンルの戯曲を声に出して読もう、という「戯曲を読む会」を定期的に行っています。

詳しい芸歴はこちら
メールはこちら

最近の記事

最近のコメント

ブログのカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
みるいというのは私の生まれた地、静岡県の言葉で「青い、未熟だ」という意味です。いつでもみるい、そんなアタシのページです。コメント気軽に書き込んでね♪
またしても!
いや、もう、カブキくん、あたしにブログ更新させるためにわざと脱走してるんじゃないの?!!
今朝、また4度目の脱走であります!
我が家のカブトムシ!!

IMG_2772.jpg

今。
カットトマトは2缶に増量。これでどうだ!グウの音も出まい!
【2017/09/02 02:50】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(3)
フワフワ or カリカリ?
IMG_2756.jpg

あたしの大好物、浜松銘菓「あげ潮」(食べかけ)
浜松と言えばうなぎパイが有名だけど、あたしは断然こっちが好き。
なんでもっと世界的に流行らないのか疑問である。

「あげ潮」はカリカリしている。
カリカリの真骨頂と言っていいほどカリカリしている。

カリカリといえば、
我が家では、子供たちが朝などに「食パンを食べたい」と言い出した時、
必ずあたしは子供たちに、こう聞く。

「フワフワ?カリカリ?」

子どもは大抵「フワフワ!」と言うので、そのまま出すことが多いが、
たまに気分で「カリカリ!」と答える日もあるので、その時はトースターで焼く。
そう、人には誰しも、フワフワが食べたい時もあれば、カリカリが食べたい時もあるのだ。

ファミレスでパスタなどを食べた際に付いてくるパン。

あれは、どうしていつも「ちょこっと温めただけのフワフワ」なパンが多いのでしょう。
あたしは思いっきりカリカリした、
「これ、もはや、ラスクじゃない?」というくらいカッリカリのパンにソースを付けて食べたいの。そんな日だってあるの。

だからもしあたしがイタリア料理屋を始めたら(そんな予定はまったくないけれど)
お客様に、こう尋ねる。

「ライス or パン?」

パン、と答えられたらすかさず、こう聞くの。

「fuwafuwa or karikari ?」(「フワフワ or カリカリ?」)

IMG_2759.jpg
そうめんシェフ てっぺー(6歳)
続きを読む
【2017/08/31 04:53】 | 心理近況 | トラックバック(0) | コメント(0)
カブトムシ脱走事件その2、その3。
IMG_2619.jpg

先日のブログ記事で、カブトムシのカブキ君が、脱走したので、カットトマトの缶詰を重しとして乗せていると書きましたが、
なんと、それでも脱走し、なので今度は写真の様にコーンクリームも乗せていたのですが、
なんとなんと、それでも脱走したのですーーー!

なんて怪力なの、カブキくん!!

この容器の蓋だってただ乗っかっているだけじゃなくて、両サイドにちゃんとカチッとはまってるのよ、
その上にカットトマトとコーンクリームですよ、奥様!

これでも脱走するんだから、なんてすごい力なのでしょう!!

もうこの上に何を乗せれば良いのでせうか!
【2017/08/28 22:51】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
ファッションと救急車。
あたし、ちゅみちゃん、3歳6か月になったわ。
最近はまってることは、寝てるママの指のササクレを剥くこと。
必ず「痛っ!」って起きるのよ、みんなもやってみて。(実話)

それからママの寝顔にヨダレを垂らすのも好き。
そんなあたしが今日紹介するのはこれから流行間違いなしの最新ファッション。

IMG_2279.jpg

まずはこれ。ポイントは裾や袖にたくさん挟んだクリップ。
このクリップ、これからの季節に最適よ。
特に事務職のOLさんにおススメ。必要なときにすぐ使えて便利よ。

お次は、これ。

IMG_2652.jpg

この秋、もっとも流行ると言われている新聞紙。
脚に合わせた新しい上履きがポイント。

その次は、これ。

IMG_2613.jpg

わかるかしら?頭にかぶっているのはタカシマヤのビニール袋をアレンジしたもの。
今、流行りのリメイクね。
すべてあたしがデザインしたのよ。

こんなのばかげてるって?
ウフフ、こんな格好しているあたしも、こないだ救急車に乗ったのよ。

おうちの中で、最初熱射病かと思ったんだけど、熱性けいれん起きちゃって、ママが救急車呼んだの。
結構大変だったみたいだけど、5歳までの乳幼児の10人に一人くらいの割合で起きる痙攣らしいの。
5歳までのみんな、痙攣って突然起きるらしいから気を付けてね。

あ、最後に、にいにの最新ファッションを紹介しとくわね。

IMG_2749.jpg
【2017/08/28 22:41】 | 子どもたちのこと。 | トラックバック(0) | コメント(0)
カブトムシ脱走事件。
IMG_2268s.jpg
腹巻を頭にかぶって福笑いしているふみたん。

予兆は確かにあった。
去年もらって飼っていたカブトムシのカブトンより、今年捕まえて飼っているカブキ君の方が、元気がいいなとは思っていた。

100均で買った飼育用のプラスチックカゴにはいつのまにか亀裂が入り、上の格子状になっている蓋の格子も数本折られていた。
これはまずいと思い、今度は300円の一回り大きい丈夫そうなカゴに買い替えた。

その日の、夜、おそらく夜、事件は起こったのだった。

朝起きてしばらくは気付かなかった。
普段通り、カゴの中にカブキ君はいるもんだと思っていた。

8時過ぎごろ、玄関からてっぺーの声が聞こえた。
「カブキ君の蓋が開いてる!・・・カブキ君がいない!」

そんなまさか、土の下にいるんだろ、と出勤前の父ちゃんがカゴの蓋を開けて、土を混ぜ混ぜして探してみた。

「・・・いない!!」

うわぁ、なんてこった。
カブキ君が脱走した!

あたしは大の虫嫌い。
もちろんカブトムシだって触れない。
行方不明のカブトムシが家の中のどこかにいると思ったら、もう気が気じゃない。

なんとか、父ちゃんが出勤するまでの数分で見つけなくてわっ!!
家族総出で、家中を捜索。

玄関の靴の中に入っているのではと、探していた父ちゃんが数分後に叫んだ。
「い、いた!こんなところに!!」

なんとカブキ君は、玄関に掛けてあったふみの幼稚園バッグの中にいた!
奥底は暗いのでなかなか快適だったようで、ぐっすり眠っていて全く動かず(さすが夜行性)、そのままおとなしくカゴに戻されました。

それからカブキ君のカゴの蓋の上には、重石としてカットトマトの缶詰が乗せられています。


【2017/08/09 04:23】 | 主婦的雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次ページ
インフォメーション

★戯曲を読む会、現在休会中です。2年後(2015年秋ごろ)か3年後くらいに再開予定です。のんびりお待ちいただけたら幸いです。

戯曲を読む会のHPはこちら

あなたは何人目のお客様?

+15630人

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック